3Dエコーと4Dエコーの違いとメリットは?料金は?いつからできる?

3Dエコー

妊婦健診では超音波検査を受けますよね。その時に3Dエコーや4Dエコーという言葉を聞くことがあります。

病院によっては3Dエコーや4Dエコー検査が通常の検査メニューに入っていたり、別料金が必要だったりさまざまです。

今回はこの3Dエコー、4Dエコーついて調べてみました。

スポンサードリンク

3Dエコーと4Dエコーの違いとメリット

3Dエコーと4Dエコーがあれば、当然、2Dエコーというものもある、と思いませんか? 当然、2D、3D、4D全てのタイプのエコーがあります。

エコーとは超音波のことです。妊婦のお腹に向かってエコー(超音波)を当てると、皮下脂肪、内臓、子宮、羊水、胎児などに当たって超音波が跳ね返ってきます。なにに当たったかによって超音波の跳ね返り方が異なります。この異なる跳ね返り方を機械で処理することでお腹の中の様子を映像化できます。

2Dエコーでは、跳ね返ってきた映像を平面的な画像で見ます。奥行きなし、縦横だけのいわゆる「ペッタンコの絵」ですね。多くの産婦人科で通常のエコー検査として採用されています。白黒画像で見ることが多いですね。

2Dエコーの画像は見慣れなければ解りにくいのですが、脳や心臓、骨などを映し出すことができます。頭のサイズや大腿骨のサイズを測ることで、胎児の身長や体重、週数を推定できます。胎児の成長具合、内臓などに異常がないか、そして胎盤や羊水に異常がないか、といったことをチェックできます。

3Dというのは、2Dの平面的な画像に「奥行き」をプラスしたものです。「立体画像」といえばいいでしょうか。3Dの場合は胎児がモニターに立体的に映し出されます。顔の凹凸、お腹や手足のふっくらとした膨らみなどが見て取れます。

3Dでは胎児の姿を立体的に映し出すので、実際に赤ちゃんを見ているような気分になります。2Dよりも正確に姿形を視覚で把握できるので、奇形など外見から解る異常を見つけることができます。そしてなにより生まれてくる前に赤ちゃんの顔を見ることができていいですね。

4Dというのは、対象を立体的に映し出す3Dに「時間」を足したものです。つまり、動画ですね。4Dエコーでは、ビデオカメラで外の風景などを撮影するように、お腹の中にいる胎児の様子をモニターに映し出して記録することができるのです。

4Dのメリットは、胎児の動きをリアルタイムでみることができることです。そして奇形など外見から把握できる異常を見つけ出すことができます。さらに、ママが赤ちゃんの様子を鮮明な映像で見て幸せを感じられるのがいいですね。

3Dエコーと4Dエコーの料金は?外来でいつもと違う病院でもできる?

ママとしては、一日でも早く赤ちゃんの顔を見てみたいですよね。そんな願いを叶えてくれるのが3Dエコーや4Dエコーです。

しかし、この3Dエコーや4Dエコーの機械を導入している産婦人科は限られます。この機械を導入している産婦人科は、大抵、HPなどにエコー検査について紹介があると思います。一度、自分が通っている産婦人科のHPを確認してみてください。妊婦健診の時に先生に聞いてみてもいいですね。

もし、通っている産婦人科が3Dエコーや4Dエコーの機械を導入していなくて撮影してもらえない場合は、近くに機械を導入している産婦人科がないか探してみましょう。外来扱いで、写真撮影だけでもOKという産婦人科がありますよ。

初診料+3D or 4D写真撮影料

これを全額自己負担することになりますが、写真を何枚かもらうことができます。3Dや4Dエコー写真・動画撮影料は7,000円~10,000円くらいのケースが多いようです。初診料を含めると、10,000円~20,000円くらいになるでしょう。

ただしどんな画像を撮影できるか、というのは運次第です。エコーを当てたときに胎児がどんな風な姿勢でいるのか、ということにかかっています。

胎児が起きているのか、寝ているのか、前を向いているか、後ろを向いているか、体を丸めているか、体を伸ばしているか、臍の緒や腕・足の位置などによっては、ママが期待するような画像が撮影できないことがよくあります。

せっかく10,000円以上支払ったのに、背中を向けて丸くなって寝ていたので、頭の後ろしか撮影できず、動画も撮れなかった。そういうことも充分あり得ます。

スポンサードリンク

3Dや4Dエコーの写真撮影を外来で受けてくれる産婦人科の中には「撮影時間は最長20分」という風に制限を設けていて、期待通りの画像が撮影できなくても返金はしない、となっているケースがあります。また、緊急手術が入ったので診察中止ということもあります。

産婦人科は写真館ではありません。撮影は健診でも検査でもありません。産婦人科は妊婦と胎児の命を最優先にしているので期待通りにいかないことがある、ということを頭にいれておきましょう。

3Dエコーと4Dエコーはいつからできる?おすすめ時期は?

技術の進歩により、3Dエコーも4Dエコーも妊娠初期から撮影できるようになっています。病院の方針にもよりますが、妊娠4か月くらいから撮影ができますよ。

ただ、いくら胎児を立体的に撮影できるといっても、胎児が成長していなければ多くのママが期待するような「赤ちゃんらしい姿」を見ることはできません。

胎児は妊娠5か月くらいで4頭身になって徐々にふっくらし始めます。妊娠20週前後から赤ちゃんらしい姿がみられるようになりますよ。

だいたい胎動を感じる頃~妊娠30週くらいまでがベストな時期ですね。2Dも3Dも4Dも、一度に映し出せる範囲が限られています。妊娠30週を超えて胎児が大きくなるとモニターに胎児の一部しか写らなくなってしまいます。目鼻のアップしか写らなかった、ということもありえます。

また、妊娠後期の妊婦を外来で受けない、という産婦人科も多くあります。これは、妊娠後期の妊婦の場合、なにかトラブルがあったらその場で即時、分娩を受け入れなければならなくなる可能性があるからです。

産婦人科には多くの妊婦が通っていますし、分娩室に分娩中の妊婦や生まれたばかりの赤ちゃんがいる場合があります。帝王切開中の妊婦がいることもあります。

こうした所に「妊婦健診に関するデータ(病気の感染の有無に関するデータや、胎児の成長記録)が解らない妊婦の分娩を受け入れる」というのはリスクが高いと考える産婦人科もあります。また、未熟児で生まれた赤ちゃんの命を守るだけの設備がない、という産婦人科も少なくありません。

ですので、妊娠後期になると外来で受け入れてくれる産婦人科が少なくなります。外来で3Dや4Dの写真撮影を希望する場合は、必ず「妊娠何週まで受け付けてもらえるか」確認しておきましょうね。

3Dエコーと4Dエコーで性別や病気はわかる?

3Dエコーや4Dエコーは胎児を立体的に映し出すことができます。このため、胎児の姿勢や状態、タイミングが合えば性別を知ることができますよ。

ただ、胎児が正面を向いて足を広げ、外性器がはっきりと映し出せるような姿勢でなければ難しいでしょう。また、映し出された外性器の形が肉眼で判別できるほどの大きさでなければなりません。これは運次第、といえますね。

また、妊婦の大きな関心事ともいえる胎児の病気については、3Dや4Dでは判断できません。あくまで「立体的な画像・動画を撮影する技術」なので、判断できるのは「外見から判断できること」に限られます。

こうした点では、骨の状態や内臓の状態といった情報を得ることができる2Dの方がメリットが大きいと言えますね。こうした点から、妊婦健診の超音波検査では2Dエコー検査が採用されています。

なお、胎児の病気については、出生前診断というものがあります。いろいろな理由で胎児が生まれる前に病気の有無を知りたい、という方がいるでしょう。その場合は、3Dや4Dといった超音波検査技術ではなく「出生前診断について詳しい情報が得られる産婦人科」を探すといいですよ。

「胎児ドック」という言葉で検索すると、胎児の出生前診断について詳しい産婦人科を調べることができます。出生前診断を希望する場合は一度チェックしておくことをおすすめします。

まとめ

3Dや4Dといったエコー検査では、胎児の姿を立体的に見ること、動いている様子をリアルタイムで見ることができます。

ママにとって魅力的な技術ですが導入している産婦人科が限られていたり、撮影できるかどうか運次第といったデメリットもあります。

撮影を希望する場合はまず、自分が通う産婦人科に確認し、サービスがない場合は外来を受け付けている他の産婦人科を探してみましょう。

制約があるケースも少なくないのですが、素敵な一枚を手に入れられるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です