胎児のエコーの顔と生まれてからの顔は同じ?生後、顔はどんな変化する?

胎児 エコー

妊婦健診で必ずエコー検査がありますよね。色々な角度でエコーを当てて赤ちゃんの様子をチェックします。この時、角度がよければ顔がモニタに映し出されます。

ときどき、笑っているような顔を見ることもできます。エコーの顔を見てパパ似、ママ似、と赤ちゃんの実際の顔を想像することもできます。

エコー写真と生まれてきた時の顔は同じなのでしょうか。そして生後、赤ちゃんの顔はどんな風に変化するのかまとめてみました。

スポンサードリンク

胎児の時のエコー写真の顔と生まれてからの顔は同じだった?違った?

胎児の様子を確認するのにエコー検査がありますよね。お腹に超音波を当てて跳ね返ってきたものを映像化して状態をチェックする検査です。

この検査の時に、胎盤の状態、羊水の状態、頭のサイズ、骨の状態、全身の成育バランスなどをチェックします。

検査の時に頭を真上から見たところや、大腿骨の写真を撮影し、それらのサイズから赤ちゃんの身長や体重を計算し、妊娠週数に見合った成長をしているか確認をしています。

この時にサービスで赤ちゃんの顔写真や、全身の姿をプリントしてくれることがありますよね。エコー写真といえば白黒がほとんどですが、今は3D、4Dといった撮影技術があり、赤ちゃんの肉付きや表情までよく解る写真を撮ってもらうことができます。

病院の設備やサービス方針、先生の考え方などによって対応が異なりますが、妊婦健診中1回は3Dや4D写真をくれる。動画をもらえる、といったサービスもありますね。

私が上の子を出産した病院にはそうしたサービスがなくて白黒の写真だけでした。顔写真ももらったことがありません。しかし、下の子を出産した病院では3D写真をもらいました。

下の子の3D写真は横顔でした。まぁ、似ていると言えば似ていますが、全身を写した写真なので顔が小さく、目を閉じているのでこれといった特徴が掴みづらい写真でした。

人の顔を見て一番印象に残るのは「目」ですよね。どんなに整形しても「目」は変わらないと言われます。ですから、妊娠後期に3Dや4D写真で目がはっきりと写った顔が撮れたなら、生まれてきた時と同じ顔に見えるかもしれませんね。

赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでの顔の変化

赤ちゃんの顔は成長とともにどんどん変わっていきます。毎日、長時間一緒に居るママは気付きにくいかもしれませんが、毎月、写真を撮っておくとその変化がよくわかります。

生まれて直ぐの赤ちゃんの顔には次のような特徴があります。

・頭蓋骨が複数のパーツに分かれていて、成人のように引っ付いていない
・顔も体も皮下脂肪が少ない
・頭周りの方が胸周りより大きい
・4頭身
・視力が弱く、しっかり目を見開いて周囲を見ない
・喜怒哀楽の表情が少ない

1歳になるまでにこれらがどんどん変化していきます。つまり、頭蓋骨は1年ほどかけて丸い本来の形に整いますし、母乳やミルク・離乳食を食べることで皮下脂肪がついていきます。

頭の周りよりも胸の周りが大きくなっていき、手足も長くなっていきます(赤ちゃんは頭の上で手の平を合わせることができません)。

視力もだんだん発達し、首を動かして周囲を見たり、見た物に対して感情を表すようになり、喜怒哀楽もはっきりしてきます。

こうした変化のお陰で、赤ちゃんは1歳になるまでに「寝ていることが多い赤ちゃん」から「生き生きとした表情を見せるこども」の顔に変わっていきます。

<1歳になる頃>
・頭の形が整ってくる
・フワフワと立つ柔らかな髪の毛が、少し硬くなってくる
・髪の毛の量が増える
・産毛だけだった眉毛が、黒くちゃんとした眉毛になった
・一重か二重か、ほぼ確定してくる
・顔のふっくら具合で、生まれた時と目のサイズが違って見える
・顔の丸み、特に頬の下の方の丸みが残っている。
・噛む力がまだ弱く、顎もまだ発達していないので顎のシャープさはない

こうした変化が出てくるのと同時に、目力、表情、反応などが強くなってくるので「こどもらしさ」が出てきます。ちなみに私の娘は生まれてから1年で次のような変化をとげました。

スポンサードリンク

・一重だったが、二重になった
・生まれてすぐは睫毛ゼロだったが「収納されていた睫毛が出た!」と思うくらい、長い睫毛になった
・細くて小さな目だなぁ、と思っていたが、目の周りがスッキリして大きい目になった
・帝王切開だったからか、頭の丸みは余り変わっていないように感じる
・私の祖母似→私の父似→夫の母似、と少しずつ印象が変わってきている

生まれた直後は私の祖母によく似ていて、目が細く、垂れていて、一重で睫毛もなかった顔でしたが、1歳になる頃には「睫毛も生えて垂れていた顔が力強く上を向いた」感じになりました。

子供が1歳から2歳までの顔の変化

1歳から2歳までの変化は、「赤ちゃんっぽさがほぼ全てぬける」という点ですね。

<1~2歳の顔の変化>
・歯の数が増える
・噛む力がついてきて、顎が発達してくる
・頬の丸みが減ってくる
・顎の周りがシャープになってくる
・髪の毛質が硬くなってきて、色も濃い黒になってくる
・髪の毛が増える
・2歳で5頭身になる

1歳頃の体脂肪率は約28~30%で、乳児期・幼児期・学童期(0~12歳くらい)まででピークと言われています。2歳に向けて体脂肪率は減少し、筋肉量が増えていきます。

この変化も1歳と2歳の顔の違い・印象の違いに大きく関係していますね。さらに1歳半くらいからイヤイヤ期に入り、感情表現も豊かで激しくなってきます。

顔の筋肉も付いてきて、赤ちゃん特有の「やわらかさ」「プニプニとした皮下脂肪」がグッと少なくなっていきます。表情に強さが出て、顎の周りがシャープになることから「赤ちゃんではなく、幼児」になっていきます。

2歳で幼児としての顔の基礎がかなりできあがってきます。まだ変わっていきますが、子供の頃の顔ができあがって確定してくる頃と言えますね。

2歳から3歳になるときの顔の変化

2歳でほぼ幼児としての顔ができあがりますが、振り返ってみれば、まだ幼さが残る顔です。それが3歳になると、すっかり「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」の顔になります。3歳以上になると、ほぼ顔は変わりません。

3歳になると乳歯がほぼ生えそろいます。硬い肉も噛んで食べられるようになり、顎も強くなってすっかり顎のラインもシャープになります。

頬の下の方のふっくらした感じもなくなり、赤ちゃんの頃に比べれば顔がスッキリと縦に細長くなった印象になります。

頬の膨らみ具合は、子供の横顔を見るとよく解ると思います。2歳くらいだとまだ横顔は目の下にプックリと膨らんだ頬がハッキリ見えます。3歳になってくると、このプックリとした膨らみが随分と減ります。

また顔を正面から見たとき、頭の幅と顎の幅が1歳の頃はほぼ同じくらいに見えますが、3歳になると頭の幅の方が長くなります。1歳の頃は顔が四角ですが、3歳になると逆三角といった感じでしょうか。

私の次女は生まれつきエラが張った顔付きなのですが、それでも3歳になるとシャープに見えるようになりました。0歳、1歳の頃は真四角の顔にチョコンと顎が付属品のように付いていて可愛らしかったです。

3歳になれば、髪の毛も黒く赤ちゃんとは明らかに違う毛質になります。赤ちゃんの時に髪の毛が少なかった子も、3歳になれば束ねたり、編み込んだりできるような量・固さになってきますよ。

言葉の発達面や、精神的な成長も手伝って3歳はすっかり「幼児」ですね。女の子は特に3歳になれば「小さなママ」です。ママの言葉を真似て、パパを叱りつけたりしてくれます。とても頼もしいですよ。

まとめ

赤ちゃんの顔はどんどん変わります。0歳から3歳までの変わり方が劇的とも言えます。目元や口元など、面影は残っていますが、やはりびっくりする変化です。この変化は写真に残しておくのがいいですね。

誕生日やお正月など、タイミングを決めて写真撮影しておくといいですよ。

わが家では3歳まで誕生日に子供の写真を、毎年、結婚記念日に家族写真を子供写真館で撮ってもらっています。六つ切りサイズの写真をアルバムにしてありますが、家族皆の顔が少しずつ変化する様子が残っていていい記念になります。

皆さんも定期的に子供の顔がよく解る写真を撮ってプリントしてみてください。アルバムに並べて保存すると子供の成長がよくわかりますし、親としての自分の頑張りもいい思い出として残りますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です