amazonで買える葉酸サプリの違いは?ピジョン・ディアナチュラ他2社

amazon 葉酸サプリ

妊活する女性にとって葉酸摂取は当たり前のようになってきました。

食品だけで推奨されている量をとるのは難しいのでサプリメントを活用したいのですが、多くのメーカーが葉酸サプリを販売しています。

どんな違いがあって、どのメーカーのものがいいのか。Amazonで買うことができる、ピジョン・ディアナチュラ・ビーンスターク・ネイチャーメイドといった会社のものを比較してみました。

スポンサードリンク

ピジョン・ディアナチュラ・ビーンスターク・ネイチャーメイドの葉酸の成分の違い

葉酸と一口に言っても2タイプの葉酸があります。「ポリグルタミン酸型」「モノグルタミン酸型」といわれる、2タイプの葉酸です。

ポリグルタミン酸型は、体内での吸収率が50%くらいで、モノグルタミン酸型の葉酸は吸収率が85%くらいです。後者の方が効率よく吸収されるんですね。

食べ物に含まれている葉酸は吸収率が低いポリグルタミン酸型で、サプリメントの葉酸はものグルタミン酸型です。

厚生労働省が推奨している葉酸摂取量は、妊婦は480μgですが、これは吸収率がいいモノグルタミン酸型の葉酸の摂取量です。

どこのメーカーの葉酸サプリでも、葉酸は吸収率がいいように加工されている「モノグルタミン酸型」で、食品に含まれる葉酸とは別物です。

「天然由来」「オーガニック」などとうたっている葉酸サプリであっても、加工して「モノグルタミン酸型」に作り替えた葉酸が含まれています。

ただ、モノグルタミン酸型の葉酸を作り出すための原材料が異なるだけです。一般的に「食品由来」「天然由来」とうたわれている葉酸は、食品から取りだした葉酸を加工してモノグルタミン酸型にしていると言われています。

一方、特に葉酸の原料に言及していない大手メーカーは化学物質を合成してモノグルタミン酸型の葉酸を作り出しています。こちらは俗に合成葉酸といわれています。

・ピジョン:葉酸カルシウムプラスの葉酸:化学物質を合成したもの:2粒400μg

・ディアナチュラ:葉酸400:化学物質を合成したもの:1粒400μg


・ビーンスターク:葉酸+鉄これ1粒:化学物質を合成したもの:1粒400μg


・ネイチャーメイド:葉酸:化学物質を合成したもの:2粒400μg

この4社はどのメーカーも合成葉酸といわれる、化学物質を合成して作った葉酸(モノグルタミン酸型の葉酸)です。

化学物質を合成したものだから危険! 喘息の原因になる! といった話があるようですが、科学的根拠がありません。

その根拠としてあげられるのは「過剰摂取が原因」であり「化学物質だから喘息になった」というものではないんですね。

サプリメントに使用されている化学物質は食品添加物などとして利用することが認められ、その効果や作用などが科学的に裏付けられているものです。

使用している原材料の成分が明確なので、大量・安定的・安価に製造できるという利点があります。また、なにかトラブルがあった場合でも原因を特定し易い、というメリットがあります。

天然由来成分といっても「ツバメの巣」と言われて、それに何が含まれているのか解りますか? そのどんな成分にどんな効果があるのか解るでしょうか? 化学物質だから、といって過剰反応しないようにしたいですね。

ピジョン・ディアナチュラ・ビーンスターク・ネイチャーメイド葉酸以外の成分の違い

サプリメントにはいろいろな成分があり、葉酸以外にどんなものが含まれているのか、という点も気になりますよね。さっき上で例に挙げたものに、どんな成分が含まれているのか、比べてみましょう。

・ピジョン:葉酸カルシウムプラス
 葉酸、鉄、カルシウム、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンD

・ディアナチュラ:葉酸400
 葉酸、ビタミンB6、B12

・ディアナチュラ:葉酸・鉄
 葉酸(200μg)、鉄、ビタミンC

・ビーンスターク:葉酸+鉄
 葉酸、鉄、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸

・ネイチャーメイド:葉酸
 葉酸

ピジョンやビーンスタークは妊婦・ベビーを対象として商品展開をしている会社なのでターゲットを妊婦に絞った商品になっていると感じます。

一方で、ディアナチュラやネイチャーメイドは男女問わず、成人に幅広く受け入れられる製品を製造している。自分に合ったサプリメント、自分が飲みたい成分をチョイスできる、という製品の販売の仕方だと思います。

妊婦という目で見ると妊婦に必要な1日分の成分を2粒でとることができるピジョン:葉酸カルシウムプラスがいいように見えますね。

一方で、薬を服用している人やアレルギーなどがある人は、含まれている成分がシンプルで解りやすいネイチャーメイドやディアナチュラなどの成分を確認して利用するのが便利とも言えます。

スポンサードリンク

自分に合ったサプリメントは、自分の体質や食生活などをチェックして選びたいですね。

ピジョン・ディアナチュラ・ビーンスターク・ネイチャーメイドの添加物の違い

サプリメントを選ぶときに「添加物」を気にする人も多いと思います。先に挙げたサプリメントの添加物を比べてみましょう。

・ピジョン:葉酸カルシウムプラスの添加物
マルチトール、セルロース、ステアリン酸カルシウム

・ディアナチュラ:葉酸400
還元麦芽糖水飴、セルロース、ステアリン酸カルシウム

・ディアナチュラ:葉酸・鉄
セルロース、ステアリン酸カルシウム

・ビーンスターク:葉酸+鉄
麦芽糖、ステアリン酸カルシウム、酸味料(クエン酸)、香料、クチナシ色素、甘味料(スクラロース)

・ネイチャーメイド:葉酸
乳糖、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル

使われている添加物は「甘味料」「乳化剤」「着色料」といったものです。数多くの食品に一般的に使用されているものばかりで、特別、危険視するものはありません。

サプリメントや薬に使われる添加物は「賦形剤」と言われています。これは、形を整えたり、飲みやすくしたりするためのものです。

例えば、1回に摂取する量がとても極少量でいい成分Xというものがあるとしましょう。このXという成分だけでサプリメントを作ると、添加物なし、100%有効成分というサプリメントができあがります。

しかしこのサプリメントは粉末。鼻息でフワッと飛散する上に0.1mgという量を毎回自分で量って飲まなければなりません。

しかしOという成分以外にいくつかの添加物を加えると、小豆くらいの粒状のサプリメントが作れます。

さぁ、どちらが飲みやすいでしょう? 添加物を加えて小豆くらいのサイズの粒状にした方が扱い易くないですか?

このように賦形剤と呼ばれる添加物を使用することで飲みやすくなったり、扱い易くなったり、保存ができるようになっているんです。添加物も悪いものではないと思えませんか?

どんな成分にも言えますが「過剰摂取すると健康を害する可能性がある」ということで、使用の量を守り、飲み合わせや食事から摂取する栄養成分などを考えて適切に使用すれば化学物質・添加物であっても問題はありません。

ピジョン・ディアナチュラ・ビーンスターク・ネイチャーメイドの価格の違い

いろいろなサプリメントがありますが、コストパフォーマンスも気になりますよね。これまで紹介してきたサプリメントの値段を比べてみましょう。

・ピジョン:葉酸カルシウムプラスの葉酸(60粒:30日分)1,480円(税別)
・ディアナチュラ:葉酸400(30粒入り:30日分)450円(税別)
・ディアナチュラ:葉酸・鉄(30粒入り:30日分)420円(税別)
・ビーンスターク:葉酸+鉄(60粒入り:60日分)1,250円(税別)
・ネイチャーメイド:葉酸(150粒入り:75日分)734円(税込)

ピジョンやビーンスタークはビタミンB群など、葉酸以外の成分が含まれています。特にピジョンは含まれている成分のほとんどが1日分の推奨量を2粒だけで充足する、という点が魅力的です
(脂溶性ビタミンであるビタミンDや、多くの食品から摂取できるカルシウム、パントテン酸は含まれている量が少ないです)。

ディアナチュラやネイチャーメイドには、成分が「葉酸だけ」といったものから「マルチビタミン」といったものまで、幅広い種類があります。「自分に合った物を探す」という点で考えるとディアナチュラやネイチャーメイドがいい、という人もいるでしょう。

妊娠中に注意して摂りたいものは、鉄やビタミン類です。

ビタミン類の中でも水溶性ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC)は多く摂取しても尿などに溶け出して体外へ排泄されるため、過剰摂取はあまり問題になりません。

ただし、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)は過剰に摂取すると体内に蓄積するため、注意が必要です。

こうした点に注意しながら、自分の食生活を見直し、食事からどんな成分をどれくらい摂取しているのか。今、現在、服用している薬との飲み合わせは大丈夫か。サプリメントを利用していたが、途中で医師から鉄剤などを処方されたらどうするか。

こうした自分の状況を考えながら、自分が補いたい成分を考えた上でサプリメントを利用しましょう。

まとめ

色々なメーカーが葉酸サプリメントを販売しています。

比較的安価に手に入るピジョン、ディアナチュラ、ビーンスターク、ネイチャーメイドといった会社の葉酸は合成葉酸と言われる葉酸ですが、使用されている化学物質や添加物は国内で使用が認められているものです。

使用量を守れば健康に害はない、とされています。過剰摂取にならないよう、自分に合ったものがどんなものか熟考してから利用したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です