40歳で妊娠するとダウン症や障害がでる確率は?妊娠や流産や二人目の確率は?

40歳 妊娠

40歳を過ぎてから妊娠・出産をする女性も増えてきて、高齢初産・高齢出産ということばをよく聞くようになりました。有名人の高齢出産が話題になることもあり、年齢を重ねてからでも大丈夫、という声も聞かれます。

しかし、ダウン症、障害、不妊、流産といったリスクを指摘する声も聞かれますね。

今回は40歳を超えるような高齢出産で考えられるリスクについて調べてみました。

スポンサードリンク

40歳で妊娠するとダウン症や障害がでる確率は?

40歳以上で妊娠すると赤ちゃんのダウン症や障害のリスクが高くなる、という医師の指摘があるのをご存じでしょうか。年齢を重ねてからの妊娠・出産はママにも赤ちゃんにも大きなリスクがあるのです。

日本産科婦人科学会では35歳以上で初めて妊娠することを「高齢初産」と定めていて、妊娠初期から丁寧なケアや管理が必要としています。そして「ダウン症や障害の発生確率が高い」というリスクが指摘されています。

まず、ダウン症ですがこちらは「先天的な染色体異常による障害」です。受精卵がヒトになっていく過程で染色体に異常があってダウン症という症状が出てくるものです。

どうして染色体に異常がおこるのか詳細は不明ですが、原因のひとつに「卵子の老化」が挙げられています。

年齢を重ねていくと肌や髪の艶や張りが失われ、特別なケアが必要になってきますよね。実は、卵子も同じように年齢を重ねるごとに老化していくんです。

この卵子の老化によって20代では1/1,000以下だったダウン症の発症率が、30代では3/1,000、40代では10/1,000になる、と言われています。

次に「赤ちゃんが障害を負うリスク」ですが、具体的な確率はわかりません。ひとくちに障害と言っても先天的なものから後天的なもの、体の機能から知的・情緒的なものまで様々です。

障害の原因自体が不明のものもありますので一概にはいえませんが、次のような理由から高齢妊娠・出産では障害の確率も高くなると考えられます。

・卵子の細胞が老化し、成長の過程で異常が起こりやすい
・母体の新陳代謝や臓器の処理能力、健康維持能力の低下
・母体の胎児を許容する能力の低下
・母体の胎児を育てる体内の代謝力の低下
・母体の体力・筋力低下による分娩時間の長期化

胎児に充分な栄養や酸素が届かない、妊娠中の母が病気になる、分娩時のトラブルなど、こうしたことが赤ちゃんの障害に繋がるケースもあります。

妊娠自体、妊娠中、分娩時のトラブルが多く予想される高齢妊娠・出産では、赤ちゃんに障害が出てしまう確率が高い、と言われる可能性はあります。

40歳で排卵日に妊娠する確率はどのくらい?

月経があるから妊娠する。
この考えが誤りであるということをご存じでしょうか。40歳で月経があっても、排卵日に排卵が起こっていなくて妊娠できない状態であるケースがあります。

女性の体の中には「卵子になる元の細胞」があります。この卵子になる元の細胞が成熟して卵子になります。ただ、この「卵子になる元の細胞」の99%は卵子にならず、変質したり消滅してしまうんです。たった1%しか卵子になれないんですね。

「卵子になる元の細胞」が元気な時期は20代~35歳前後と言われています。この時期を過ぎると細胞が活力を失い、成熟して卵子になる確率が下がっていきます。閉経前の50歳前後では卵子ができていない、と言われています。

つまり年齢を重ねれば重ねるほど細胞の活力が失われて、卵子自体が作られにくくなっているのです。

卵子以外にも年齢を重ねていくと妊娠しづらくなる原因が複数あります。

・作られた卵子の活力や質の低下
・受精卵を迎え入れる子宮内膜の状態の低下
・複数のホルモンを分泌する能力の低下
・免疫力の低下から来る感染症リスク
・卵巣、卵管、子宮などの病気のリスク

こうした複数の要因から、排卵日でも妊娠する確率が低くなってしまうのが実状です。自然妊娠の確率について次のような数字が挙げられています。

+20代:25~30%
+35歳:18%
+40歳:5%
+45歳:1%

スポンサードリンク

タイミングを排卵日に合わせて性交渉しても40歳では20人のうち1人しか妊娠しないのです。しかも年齢があがるにつれて確率はさがり、45歳になると100人に1人しか妊娠できません。非常に厳しい数字と言えます。

40歳の女性が妊娠して流産する確率は?

年齢に関係なく妊娠の約15%は流産してしまうと言われています。ただ、母体の年齢が高くなるにつれて流産の確率は高くなっていて、特に35歳を過ぎると一気に増加すると言われています。

具体的には、35~39歳では流産率は20%、40歳以上の場合は40%以上が流産すると言われています。

これは、やはり卵子の状態、子宮の状態、妊娠を維持するためのホルモン分泌など新陳代謝能力、胎児という自分とは異なる生命を体内に宿して保持する能力など、母体の状態が大きく関わっていると考えられています。

そもそも、妊娠しなくても年齢を重ねていくと体の不調はいろいろと出てくるものです。加齢にともなって、働き方を変えたり、食事の内容を考え直したり、薬やサプリメントの力を借りるようになってきますよね。

なにかの力を借りて健康を維持するようになっている体に、妊娠・出産という負荷を掛けるのですから20代や30代の時に比べて高いリスクや深刻なトラブルが出てくるのは当然といえます。

妊娠する確率が低く、流産する確率が高い40歳では、残念ですが無事の出産に繋がる確率が低くなってしまいますね。

40歳で妊娠する確率は子供二人目の経産婦の方が高い?

40歳で妊娠する人の中には初産の人もいれば、経産婦もいますよね。では初産の人と経産婦では、40歳での妊娠率に差はあるのでしょうか?

結論からいうと、40歳で妊娠する確率に差はありません。妊娠・出産経験があってもなくても、40歳という年齢が母体におよぼす影響は変わりません。経産婦でも40歳になると高齢出産となりリスクが高いと言われます。

卵子の作られにくさ、卵子の質、ホルモン分泌量、子宮の状態、病気の確率など、年齢を重ねることによって出てくるリスクは、経産婦も同じです。

ただ「分娩のリスク」は初産と経産婦との間で差が出てきます。ややこしいのですが、高齢妊娠・出産について考えるポイントはいろいろあります。

(1)妊娠する確率
(2)妊娠中のリスク
(3)分娩中のリスク
(4)胎児の障害の有無

このように高齢妊娠・出産で問題になる点はいろいろありますが、こうした問題に影響する要因(年齢、流産回数、妊娠・出産回数、分娩方法など)はそれぞれ異なります。

(3)を例に挙げれば、自然分娩経験があると、子宮の広がり方や収縮の仕方、骨盤の開き方、産道の変化や柔軟性などが違ってきます。ですから同じ40歳でも経産婦の方が分娩リスクは低いと考えられますよね。

ただし、帝王切開で出産した経験がある人は子宮に手術の跡があるため、2度目以降の妊娠では、子宮が膨らんだり収縮したりすることで負うリスクを考えなければなりません。

「40歳での妊娠・出産リスク全般」については、初産と経産婦では差がありますが、「40歳での妊娠のしやすさ」については初産も経産婦も差はないと言っていいでしょう。

妊娠と一口にいっても「どのポイントについて考えるか」によって、年齢や妊娠経験などの何が関係してくるか、が変わってきます。

兄弟・姉妹が欲しい、と考えている場合は二人目以降の妊娠・出産の年齢を考えて妊活する必要があります。複数の子を考えている場合は、年齢差も重要ですが、やはり高齢出産にならないよう早めに妊活したいですね。

まとめ

晩婚化が進み、仕事・育児・結婚などに対する価値観も大きく変化しています。こうしたことから年齢を重ねてからの妊娠や出産が増えていますが、40歳を過ぎてからの妊娠・出産はいろいろな面からリスクが高くなると言わざるを得ません。

どのポイントに焦点を合わせるか、によってリスクは変わってきますが、できるだけ早い段階から妊娠・出産というものについて考えて仕事や人生設計について考えていくようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です