妊娠超初期に寒気や腹痛・頭痛・出血ってある? 流産になるか心配…

妊娠超初期 寒気

妊娠を待ち望む女性にとって、正常妊娠が確認できるまでの期間は本当に長く感じられますよね。寒気や腹痛、頭痛の他にも出血があったりすると不安になったりします。

ちょっとした体の変化に一喜一憂しやすく、いつもならなんでもないことが大変なことに思え、マイナス思考、それも流産を想像してしまって失意のどん底、ということもあります。

今回はそんな妊娠超初期の体の変化、寒気・腹痛・頭痛・出血について考えてみました。

スポンサードリンク

妊娠超初期に寒気やほてりがあるのって大丈夫?

妊娠超初期という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは妊娠0週目~妊娠4週目くらいまでを指す言葉と言われています。

妊娠は「妊娠する前の生理の時からカウント」するので、妊娠0、1週目はまだ妊娠していない(受精卵が体の中にできていない)状態です。ちょっと不思議ですが便宜上、このようにカウントされています。

だいたい妊娠2週目に精子と卵子が出会って受精卵ができ、妊娠3週目くらいに受精卵が子宮の中に着床します。ここで妊娠スタートですね。

残念ながらこの時期は妊娠検査薬を使っても妊娠がわかりません。ただ、この超初期に体に異変がみられることがあります。その例として「寒気」や「ほてり」が挙げられます。

女性の体は約一か月の周期で複数のホルモンが増えたり減ったりしています。妊娠するとこの周期とは全然違うホルモンバランスになるので体に異変が起こります。

受精卵ができるとそれを育てるために一気にプロゲステロンが増え始めるので異変があってもおかしいことではありません。

プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えると体温が上がります。いつもなら減るはずのプロゲステロンが増え続けるので、妊娠すると普段とは全然違う「高温期」が続きます。

体温が高い状態というのは風邪の引き始めに似ていますよね。発熱で体温が上がるときに「寒気」を感じます。高温期も体は似た状態と言えます。

「寒気」を感じたり、いつもより体温が高い状態を「ほてり」として感じるのは当然と言えます。特に心配する症状ではありません。

この異変で超初期だけど妊娠に気付く、という人もいます。特に変なことではなく、大丈夫なことですから心配は要りません。

ただ、私は2人の娘がいますが、2回とも超初期の「ほてり」や「寒気」といった異変は感じませんでした。異変に気付かない人もいるので、異変があってもなくても妊娠しているときは妊娠していますから大丈夫ですよ。

妊娠超初期に寒気や頭痛ってよくあるの?

妊娠超初期の体の異変、「寒気」や「頭痛」はよくある話です。この異変を「検査薬で判明する前に妊娠がわかる兆候」と考える人もいます。

この異変というのは「女のカン」というようなものではなく、ちゃんと科学的な根拠があるものなのです。

というのも、月経前に体調が悪くなる人は多いですよね。イライラしたり、マイナス思考になったり、やる気が落ちたり、便秘になりやすかったり、腸にガスが溜まって不快感が増したり、甘い物が欲しくて堪らない、寒気やほてりを感じる、頭痛がするなど、症状も人によってそれぞれです。

私はこの体調の変化を「あぁ、そろそろ月経だな」とバロメーターにしています。だいたい、夫に対する態度がキツクなるので自分でもすぐ気付きます。

この体調の変化は「月経前症候群」と言われています。月経前は体が妊娠に向けて準備を始めている時です。

体内のホルモンバランスが変わる時期で、妊娠超初期と重なります。つまり、妊娠超初期には月経前症候群の症状が見られるのは自然なことです。

決定的に違うのは、受精卵ができるとプロゲステロンが増え続けるので月経前症候群の症状も続く、ということです。

月経前症候群を普段は感じない人でも、それがずっと続く(それも原因と言えるプロゲステロンが増え続けていく)ので「いつもと違う」と気付く人が多いようですね。

いつもよりも強く症状が出る可能性もあるので、妊娠超初期の寒気や頭痛といった症状はよくあることと言えるでしょう。

なんだかホルモンに負けているようにも思えますが、女性の体はホルモンの量に合わせて変化できるからこそ「体内に命を宿して育てる」という大仕事ができるとも言えます。

風邪に似た症状とも言える寒気や頭痛、胃腸の不快感などは辛いものですが、赤ちゃんのために体が変わっているので頑張って耐えていきたいですね。

妊娠超初期の寒気って流産になりやすい?

妊娠超初期に寒気を感じることがあります。寒気の原因はいくつかありますが、それが直接流産に繋がる可能性は低いと言われています。

流産してしまう原因は多くが受精卵自体の問題と言われています。ママがなにかしたから、なにかを感じたからといって流産するケースは少ないのです。ゾクゾクしたから、といって流産してしまう訳ではありません。

スポンサードリンク

【寒気を感じる原因:その1】
原因はいくつかありますが、まず「ずっと続く高温期」が挙げられます。体内でプロゲステロンが増加していくと体温が高い高温期がずっと続きます。この体温の変化で寒気を感じる人がいます。

この寒気は当然の体の変化なので心配する必要はありません。風邪の初期症状に似ていますが、風邪を引いていなければ大丈夫です。

【寒気を感じる原因:その2】
体内で増加するプロゲステロンは筋肉の動きを鈍くしてしまいます。これは子宮の収縮を抑え、赤ちゃんを守ろうとする働きなので仕方がないですね。

ただ、筋肉の動きが鈍くなると特に静脈(心臓へ戻ってくる血液が流れている血管)の血流が悪くなります。この「血行不良」で足などがむくんだり、寒気を感じたりすることがあります。

寝るときに足を高くしたり、マッサージをしたり、温めたり、カリウムの多い果物を食べるようにしたりして対策をとるといいですよ。

特に足を温めるのは効果的です。足は第二の心臓とも言われますし、冷えは女性の天敵で多くの不調の原因になります。体を冷やさないようにして、足を高くし、リラックスした状態でマッサージを受けると心身ともに楽になりますよ。

【寒気を感じる原因:その3】
もうひとつ「鉄分不足」も寒気を感じる原因になる、と言われています。赤ちゃんを育てるために子宮の内膜はどんどん厚くなり、子宮周辺の血流が増加します。赤ちゃんができると更にたくさんの血が必要になります。

多くの女性が普段から鉄分不足に悩んでいるのではないでしょうか。ダイエットをしたり、不規則な生活をしている人は特に鉄分不足になりやすいと言われています。

私自身も貧血を起こして電車やバスの中で倒れた経験がありますが、鉄分不足が冷えや寒気を感じる原因になるとも言われています。注意したいですね。

鉄分不足は赤ちゃんの発育に大きな影響を及ぼす可能性があるので、妊活する女性は特に注意が必要です。

妊娠中、何度か血液検査をしますが、貧血と診断されると鉄剤が処方されます。私は2回の妊娠、両方で鉄剤をもらった上に、出産後も血管に直接鉄剤を点滴でいれられました。鉄不足は妊婦・ママの天敵と言えるかもしれません。

寒気を感じる理由は色々ありますが、これが直接、流産に結びつく可能性は低いのでゾクゾクしたからといって流産する!と不安に思う必要はありません。ただ、鉄不足は注意してくださいね。サプリメントを活用するなど、日頃から気をつけたいですね。

妊娠超初期って寒気と微熱や眠気や腹痛で風邪みたい?

妊娠超初期は月経前症候群と同じ症状が出やすい、と紹介しました。この症状は人によってそれぞれで実に200以上の症状が挙げられるそうです。

その多くが風邪の初期症状とよく似ていて、寒気、ほてり、微熱、胃腸の不快感、だるさなどが挙げられます。

受精卵ができるとプロゲステロンがたくさん分泌され、受精卵を育てる環境を整えていきます。これによって体温が37.0℃近く(人によっては37℃代前半)が続きます。

平熱がどれくらいか、ということで違ってきますが、いつもよりも体温が高い状態が続くので「微熱」と感じて当然です。

また、プロゲステロンの働きで筋肉の動きが鈍くなるので血行が悪くなり、全身のだるさを感じたり、眠気を感じたりすることもあります。

さらに受精卵が着床するときに「着床出血」があったり、それによる「腹痛」を感じる人もいます。ですから、妊娠超初期の「出血」や「腹痛」は十分ありえる話です。

妊娠すると体内のホルモンバランスは妊娠前と全然違う状態になります。ですから異変があっても当然で、ママが不快に感じる症状が多いのが特徴ですね。

妊娠超初期には、風邪の初期症状と同じような症状といえる月経前症候群が長く続く、そう思っていてよいと思います。

緊張状態が長く続くようなハードワークの人、お酒やタバコ、カフェインが多い飲み物を好む人、病気で免疫力が低下している人は月経前症候群の症状が強く出る、と言われます。

こうした人は妊娠超初期の異変が強く出るかもしれません。今回は辛い期間が長いなぁ、と思ったら妊娠初期なのかもしれませんね。

まとめ

私はフルタイムのシフト勤務で、一般のお客様からのクレームを受けることが多い現場で仕事をしていて、お酒はなくてもコーヒーがないと生きていけない、というくらいコーヒー好きでしたが、妊娠超初期には特に異変を感じませんでした。

感じる人、感じない人は色々なので、妊娠超初期の症状に神経質になる必要はないと思います。

辛い症状ですが、それを感じたら「あ、もしかして!」とプラスに考えて妊娠検査薬が使える時期まで待つといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です