胸の左右の大きさを揃える方法は?ブラジャーはどう選べばいい?

胸 左右 大きさ

女性の中で「胸のサイズが左右で違う」と悩んでいる人はいませんか? 

実は多くの女性が同じ悩みを抱えていると言われています。

どうすれば左右の大きさが揃えられるのか。ブラジャーをどうやって選べばいいのか。

そして胸の左右の大きさが変わりやすい授乳中の女性が気を付けたいことをまとめました。

スポンサードリンク

胸の左右の大きさを揃える方法はある?

女性の胸のサイズが左右で異なることは珍しくありません。そもそも、人の体は左右対称ではありません。次のようなことが原因で体の左右のバランスは異なるのです。

・骨格
・筋肉の付き方
・内臓の数や位置
・負荷のかかり方
・脂肪の付き方

骨折やねんざ、脱臼などで骨の太さなどが体の左右で異なるケースは多いですし、内臓の位置や数も体の左右で異なります。

利き手をよく使うことから筋肉の付き方も左右で異なりますし、カバンを左肩に掛ける、赤ちゃんを右腕で抱っこする、といった「癖」などにより、体の左右にかかる負荷も違います。

さらに、脂肪は全身に同じようにつくわけではありません。こうしたことから、体のサイズや形が左右で異なることは当たり前と言えるのです。

当然、胸のサイズも左右で異なってくるのですが、やはり均整のとれたプロポーションには憧れますよね。胸の大きさも左右でバランスがとれていると美しく見えます。

胸は「外部からの刺激」に敏感です。このため次のような方法でサイズを揃えることができますよ。

・小さい方の胸をマッサージする
・ブラジャーを付ける時、小さい方の胸を先にカップに入れ、周囲の脂肪を多めに集める
・利き手と反対の手も意識して使い、全身の筋肉のバランスを整えるようにする
・骨盤矯正や骨格の歪みを治す

出産を経験した女性は「骨盤が広がっている」「赤ちゃんの抱っこ」「子供を抱いたまま作業をする」こうしたことが原因で体のバランスが崩れているケースが多いそうです。

このような場合はまず骨盤矯正をし、育児の時の体の使い方を左右で均一にするように心掛けるといいそうです。

ちなみに私は鏡の前に立つと、まっすぐ立っているつもりなのに右肩がさがっていました。バッグを掛ける肩、子供を抱く腕をいつもと違う方にしたり、意識的に左手を使うようにして治しました。

子供を出産して骨盤矯正をしていないし、猫背なので治さなければならないところはたくさんありますが、日頃のちょっとした癖を意識することで歪みを自分で治すことができますから、心掛けてみてください。

胸の左右の大きさが違うのは病気?

そもそも体の左右が異なる、ということは紹介しましたが、胸の左右の大きさは病気が原因のケースもあります。

それは「乳癌」です。子宮癌は減っている一方、乳癌にかかる女性が増えているといわれていますので注意したいですね。

乳癌になると、左右で胸の大きさや形が違ってきます。これは、癌の部分が大きくなったり、固いしこりになるので、その分だけ胸が大きく見えたり、形が変わったてしまったりするのです。

乳癌は自分で気付くことができます。仰向けに寝転がって、石けんやパウダーを付けた手で胸を撫でてみましょう。

固いしこりがある、一部が陥没している、乳首の向きが左右で違う、盛り上がっている部分がある、といった左右の違いがないかセルフチェックしてみてください。

早期発見すれば治療も短期間で済みます。もちろん、乳癌検診を定期的に受けたいですね。

なお、左右の胸の大きさが違う=乳癌ではないので注意してくださいね。可能性のひとつとして考えられる、というだけです。

特に授乳中の女性は胸に触れたとき「固いしこり」に気付くことがあります。これは母乳を作っている乳腺であるケースが多く、癌ではありません、

私は長女を出産した時(まだ入院中)に「胸にしこりがある」と言われたことがあります。「おそらく癌ではないだろうけど念のために『乳腺外来』へ行くことをおすすめする」と言われ、診てもらいました。

スポンサードリンク

癌ではなく、乳腺が詰まっているだけでしたが、癌でないと解ってホッとしました。

乳腺が詰まりやすくて固いしこりのようなものができやすい人は、助産師のマッサージをおすすめします。フワフワで柔らかい、しこりのない胸になりますよ。

そして、卒乳時にも助産師のマッサージを受けるとトラブルなく卒業することができます。授乳時・卒乳時の胸のケアに気を付けてくださいね。

胸の左右の大きさが違う時ブラジャーってどうしたらいい?

胸の左右の大きさが異なるとブラジャー選びに悩みますよね。合わないブラジャーを付けると血行が悪くなったり、脂肪の位置が変わってしまったり、うまく胸を支えられなくて胸の形が変わってしまう原因にもなります。

・正しいブラジャーの付け方を覚える
・自分の体型に合ったブラジャーを選ぶ
・パットの数や位置を選べるブラジャーにする

多くの女性が正しくブラジャーを付けておらず、胸とブラジャーが合っていない例がよくあるそうです。

大手下着メーカーのサイトなどに正しいブラジャーの付け方が載っていますので、一度、見てみるといいですよ。

前屈みになってブラジャーに腕を通し、後ろのホックを止める。
胸をカップの中に入れる。
脇に流れている脂肪を集めてカップに納める。

このような順序でブラジャーを装着するのが良いそうです。

(2)の時、小さい方の胸を先に入れて脇に流れた脂肪をしっかり集めるようにすると少し大きくなると思います。

また、女性には体型が変わる節目があると言われています。その節目でブラジャーのサイズ、デザインそして機能を見直していくのがいいそうです。

私自身も30代後半になり、妊娠・出産を経験して随分と体型が変わりました。デザインの好みも変わってきましたし、よく着る服も変わってきています。

下着の専門店でスタッフに相談して、体に合うものを選んでもらったり、アドバイスを受けてみたい、と思っています。

なお、左右の胸のサイズが大きく異なる場合は、自分でパッドの位置や数を調整できるブラジャーを選ぶといいですよ。

パッドにもいろいろなサイズや形があるので、自分の胸に合わせて選んでみてください。ワコールのRemammaなら自分の胸に合ったパッドを選んだり、調整ができます。

他のメーカーでも胸のサイズに関する悩みに応じた製品がありますので、探してみるといいですよ。

胸の左右の大きさが違うのは授乳の仕方のせい?

胸のサイズには「女性ホルモン」と「外部からの刺激」が大きく関係します。出産後の女性の「授乳」には女性ホルモンも、赤ちゃんが吸うという刺激もあります。

授乳する場面を考えてみてください。

・赤ちゃんを利き腕で抱っこする
・スマホ、読書、パソコンなどを操作しながら授乳する
・赤ちゃんが右ばかり飲む(もしくは左ばかり飲む)

赤ちゃんが胸を吸うとその刺激が脳に伝わり「母乳をださなければいけない!」という指令が出ます。この指令で女性ホルモンが分泌され、乳腺が発達し、血液がたくさん胸に集まって母乳が作られます。

赤ちゃんが吸う胸が一方に偏ると、よく吸われる胸の方が大きくなってしまいます。ですから、朝の授乳の時に右から飲ませたなら、次の授乳の時は左から飲ませる、といったような工夫をしてください。

もし、左のおっぱいを嫌がって赤ちゃんが飲まない場合は「空腹時、先に嫌がる方のおっぱいを咥えさせる」という方法で飲ませてください。

できるだけ左右を同じだけ吸ってもらうことで片方に刺激が偏る、という事態を避けましょう。また、ブラジャーも胸を締め付けない、血行を悪くしない授乳用のものを使うといいですよ。

自分の癖・ブラ・授乳の仕方を再チェック

胸のサイズが左右で異なることは珍しいことではありません。

ですが、利き腕と反対の腕も使う、クセに気を付ける、といった工夫で全身の筋肉や脂肪の付き方のバランスを整えるように心掛けましょう。

また、自分に合ったブラジャーを選び、正しくつけることで左右の大きさを揃えるようにしましょう。

なお、授乳中の女性は胸に負担の掛からないブラジャーを選び、赤ちゃんに均等に飲んでもらえるよう工夫しましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です