赤ちゃんの顔は石鹸をいつから使い始めればいい?洗い方流し方まとめ

赤ちゃん 顔

赤ちゃんの沐浴は出産入院中に教えてもらえますが、実際に自分でやるとなると悩んだり迷うことが多いですよね。

ベビーバスを使うべきか、ボディソープやシャンプーは赤ちゃん用を選ぶべきか、そもそも体を洗うのにスポンジは使うのか。考え始めるとキリがありません。

今回は、赤ちゃんの洗い方、特に顔をどう洗えばいいのか。そして石鹸はどうすべきか調べてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの顔は石鹸をいつから使うべき?使い始める目安は?

入院中は助産師さんや看護士さんが沐浴を手伝ってくれますよね。石鹸やガーゼ、バスタオルなど必要なものが全て揃っています。沐浴専用スペースもあって、至れり尽くせりです。

ですが、自宅にはそんなスペースありませんよね。自宅にあるもの、準備するもの、いろいろです。人それぞれですが「ベビーバス」「赤ちゃん用石鹸(もしくはボディソープ)」「ガーゼ」「バスタオル」が必要になります。

生後一か月が過ぎるまで、赤ちゃんは大人や兄・姉と一緒に湯船に入ることができません。まだ、抵抗力がなく、のぼせやすくて湯冷めしやすい(体温調節がうまくできない)ので、ベビーバスを使いましょう。

わが家では風呂のフタを分厚く硬い素材のものに変えて、その上にベビーバスとバスタオルを置いて娘を洗っていました。

友人の双子ママは、リビングにベビーバスとバスタオルを広げて赤ちゃんをひとりずつ、あやしながら沐浴させていたそうです。

沐浴の仕方

(1)バスタオルを広げ、着替えとオムツも広げておく
(2)ベビーバスに40度前後のお湯を入れ、ベビーバスにガーゼ(2枚)を引っかける
(3)ママがベビーバスの横に座ったまま、手が届く範囲にフェイスタオルと石鹸を置いておく
(4)裸にした赤ちゃんのお腹にガーゼ1枚を乗せ、足からゆっくりお湯に入れる
(5)石鹸の泡で、頭・顔・首・腕・脇・胴・股・足の順に洗う
(6)赤ちゃんをうつ伏せにして、背中・首の後ろ・お尻を洗う
(7)ガーゼで泡を拭き取るようにして流す
(8)新しいお湯を洗面器1~2杯分、赤ちゃんにかけてからタオルでふく
(9)バスタオルの上に寝かせて、おヘソの消毒や耳掃除、保湿クリームを塗る
(10)着替えさせて、母乳やミルクを飲ませる

ポイントは、沐浴を始める前に必要なものを全て揃えておき、最小限の動きで道具を手に取れるようにしておくことです。

そして大切なのは「赤ちゃんの頭も顔も、石鹸を使って綺麗に洗うこと」です。赤ちゃんの肌は次のような特徴があります。

・皮膚が非常に薄くて傷付きやすい
・母親のホルモンの影響が残っていて、皮脂がたくさん分泌される
・新陳代謝が非常に活発
・新陳代謝は活発なのに、皮膚の機能が未熟で皮脂や汚れが毛穴などに詰まりやすい
・毛穴に汚れが詰まると、皮膚が弱いのですぐに炎症がおこる

つまり、毎日きちんと石鹸を使って洗って汚れを取り除いてあげないと、顔や頭全体にニキビがビッシリできてしまう乳児湿疹になってしまいます。一か月健診の時に多くみられますね。

病院から退院して帰宅した日から、必ず石鹸を使って頭・顔・首・体すべてを洗ってあげましょう。石鹸でゴシゴシ擦ると皮膚が傷付くので、しっかり泡立てて、泡で洗ってあげるようにしましょうね。

ちなみに、わが家の娘2人は毎日、泡で頭と顔を洗っていましたが、生後1か月の時は顔全体に赤いポツポツ(ニキビ)がたくさんできていました。

幸いカサブタになったり、ジュクジュクになるようなことはありませんでしたが、気を付けて洗っていてもニキビだらけになるので、気を付けてくださいね。

赤ちゃんの顔を洗う時に石鹸が目や口に入らない洗い方のコツ

赤ちゃんの中には、お風呂に入ると寝てしまう子や、緊張してギュッと手を握りしめたままの子、気持ちよくて「ホ~」っと言い続けているような顔で固まる子など色々だと思います。

赤ちゃんの様子を見ながら手早く洗ってあげましょう。まず、頭全体をお湯でしっかり流した後、泡を付けて頭皮を指の腹で撫でながら洗います。

次に赤ちゃんの顔を洗いますが、心配なのは石鹸が目や口に入ってしまうことですよね。赤ちゃんが思わぬ動きをしたり、そもそも片手作業なので苦労します。

言ってしまえば、少しの石鹸や泡が目や口に入っても大丈夫です。目の場合は洗い流してあげれば済みますし、少しなら口に入ってしまっても後から飲む母乳や白湯で体外に排泄されますから心配要りません。

目や口に入らないように洗う方法

一気に全部洗おうとしないことがポイントです。洗う順序や場所を分けて考えましょう。

・額→右目の横→右頬→顎→左頬→左目の横→鼻

自分で洗う順番を決め、洗う面積を分けて考えます。洗い方は次のようなものです。

・石鹸の泡を洗う場所にチョンと付ける→指の腹でクルクル円を描くように洗う。

これの繰り返しです。泡を付ける→指の腹で撫でるようにして洗う、を繰り返せば目や口に泡が入ってしまう心配は減ります。

ガーゼなどでゴシゴシ擦ると皮膚が傷付きますから必ず、石鹸を泡立てて、その泡で洗うようにしましょう。

スポンサードリンク

片手作業なので、固形石鹸よりはワンプッシュで泡が出てくるポンプタイプが使い易いでしょう。パパが沐浴を担当する場合は特に泡タイプがオススメです。

男性は力が強いので、気を付けているつもりでも力が入ってしまいがちですし、私の夫のように「えぇい、そのままでいいや!」と泡立てずに洗ってしまう性格の人は特に、泡ででてくるタイプは便利ですよ。

赤ちゃんの顔についた石鹸をきちんと落とす流し方のコツ

赤ちゃんの顔についた石鹸は、お湯でぬらしたガーゼで優しくふき取りましょう。ただ、濡れたガーゼで口や鼻を塞がないように注意しましょうね。

頭も、顔も、ゆっくり焦らず、お湯でぬらしたガーゼで少しずつ拭き取ってあげましょう。くびれている部分に汚れや石鹸かすが溜まりやすいので、人差し指に巻き付けたガーゼで拭き取るのがベストです。

片手では作業しにくいし、力が入れにくくて大変という場合は、ベビーバスにセットするハンモックのようなネットを使うといいですよ。

これを設置しておけば、赤ちゃんをハンモックが支えてくれるのでママの力が少しで済みますし、赤ちゃんを落としてしまう危険がありません。洗ったり、洗い流したりする作業の時に助かります。

ただ、強く擦ったり、拭きすぎると皮膚が傷付くので注意してくださいね。力加減に困るかもしれませんが、表面を撫でるようにしましょう。この加減を覚えるのに、ガーゼは分厚すぎず、薄すぎなくて便利ですね。

なお、赤ちゃんは一瞬ならお湯の中につけ込んでしまって大丈夫です。大きな泡の塊が目や口についてしまった、という時はザブッとお湯に入れてしまう方が早いこともあります。

「えぇぇ!」と思うかもしれませんが「目に入った! どうしよう!」と右往左往したり、お湯を洗面器に溜めるよりは、ザブンとベビーバスの中に入れてしまう方が早く泡を洗い流せます。

びっくりした赤ちゃんは目を開いたまま一瞬、息が止まるので、お湯の中に入ってもお湯を飲んでしまうことはありません。驚いている間に石鹸が流れて元に戻る感じですね。

ただし、お湯に入れるのはほんの一瞬だけにしてください。そしてつけるのは沐浴液を入れていない、ただのお湯にしてくださいね。

なお、ベビーバスの横、ママの手が届く範囲にお湯を張った洗面器を2~3個おいておくと石鹸が思わぬ所についても焦らずに済みます。また、ガーゼも多めに準備しておくといいですよ。

ガーゼはすぐに乾きますし、1歳くらいまではよく使います。洗い替えとして多めに買っておくのがおすすめです。

そして取っ手付きの湯おけも便利です。これは1か月健診を終えてから、ママ達と一緒に湯船に入るようになってからも使います。サッと湯をくむことができて便利ですよ。

赤ちゃんの顔はいつまで石鹸を使って洗えばいい?乳児湿疹が治れば不要?

赤ちゃんの新陳代謝はとても活発で、生後1~2か月くらいは皮脂の分泌が盛んです。ただ、その時期を過ぎて乳児湿疹が治ってくると皮膚の性質が変わってきます。

体内に残っていたママ由来のホルモンの影響も治まって皮脂の分泌が減ってくると今度は、乾燥肌のトラブルが増えてきます。

頭や首、腕、脇、お腹、足などはよく泡立てた石鹸で洗ってお湯で綺麗に洗い流しますが、顔はお湯を付けたガーゼで拭き取るように洗ってください。汚れを軽くぬぐい取る感じですね。

時々、泡立てた石鹸で洗っても構いませんが、皮脂を落としすぎることも皮膚トラブルの原因になります。

生後3か月くらいからは赤ちゃんの皮膚の性質をよく見極め、皮脂を落とすことよりも乾燥を防ぐ「保湿」に重点を置くようにしましょう。

もちろん、皮脂の分泌が多くて黄色い脂の塊や、赤いポツポツが多い脂っぽい肌の赤ちゃんは石鹸で皮脂を洗い流してあげてください。

乾燥肌、アトピー肌の子は皮脂や汚れを落とすことも大切ですが、保湿が重要になってきます。刺激の少ない石鹸を使うようにして、お風呂上がりの保湿を徹底しましょう。

ちなみに、わが家は上の子は皮膚トラブルが非常に少なく、生後1か月の頃の乳児湿疹以降はなめらかな肌を維持しています。

しかし、下の子は「ちょっと乾燥が強い、アトピー肌だね」と皮膚科の先生に言われ、保湿を徹底するよう注意されました。

アトピー性皮膚炎のように肌がガサガサになって炎症を起こしてしまうことはないのですが、冬場は触れると「なんだかザラザラ。カサカサしている? 足は粉を吹いたみたいに白くなっている」という感じです。

ちょっと保湿をサボると直ぐにガサガサするので冬場は保湿剤を家中、あちこちにおいてあります。

乾燥すると痒みがでてきて、掻いてしまうんですよね。掻くと傷ができて細菌やウイルスなどの侵入口になります。

乾燥肌の赤ちゃんは顔とお尻に注意してくださいね。小さな傷1個が「とびひ」になって、一気に広がって皮膚科に毎日通う事態に陥ることもあります。

まとめ

生後1~2か月くらいまでは、赤ちゃんの顔や頭は大量の皮脂を分泌しているので、石鹸を使って洗うことが欠かせません。

ガーゼを使って目や口に入らないよう気を付けながら洗ってくださいね。

生後3~4か月くらいになってくると皮脂の分泌も落ち着き、今度は乾燥トラブルが増えてきます。

赤ちゃんの皮膚の性質に合わせて皮脂汚れ対策と乾燥対策をとるようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です