プール熱に子供がなってしまった!妊婦への感染影響と予防方法!

プール熱 子供

妊娠中に上の子がプール熱をもらってきちゃった!

こんな時、私も感染したらどうしよう…お腹の赤ちゃんに影響は?と不安になりますよね。

実は私も妊娠中に上の子がプール熱に感染!落ち着かないその気持ちよく分かります!

妊娠中だった子もすっかり大きくなりましたが、その時の不安な気持ちは今も忘れられませんね。

そこで今日は当時のことを振り返りながら、書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

プール熱は大人の妊婦が感染するとどんな影響がある?

プール熱の原因であるアデノウイルスは型も多く、免疫がつきにくい病気のためもし過去にかかったことがあっても安心はできません。

加えて、抵抗力が弱まっている妊娠中は特にかかりやすく重症化しやすいとも言われています。

しかし妊娠中は使用できる薬も限られているため、冷やしたりするほかは基本我慢するしかありません

ですので体力の消耗も激しく、通常の大人が感染した時よりもつらく感じてしまいます…

どうしても我慢できないときは使っても問題のない薬を症状に合わせて出してくれることもありますので、まず産婦人科に電話で相談してみましょう。

もし妊娠中プール熱にかかってしまっても、胎児に何か影響が出るということはないと言われていますので安心してくださいね。

スポンサードリンク

プール熱の潜伏期間でも感染する?子供がかかったら妊婦は何に注意すればいい?

プール熱の潜伏期間は一般的に1週間程と言われており、もちろんこの間も感染しますので周りでプール熱の話を聞いたら早めに対処しましょう。

対策としてマスクの着用と手洗いやうがいの徹底は必須です。

便から感染もしますので、トイレやおむつ替えの時は特に要注意です!

私は家でもタオルや食器の共有は一切やめ、大変ですが洗濯や入浴も別々にしました。

感染している子については最後にシャワーを浴びさせるようにしていました。

プール熱の大人の症状は?治るまでどのくらいかかる?

症状は子供と同じで高熱や咳・鼻水と喉の痛み、そして結膜炎の症状が主です。

下痢や嘔吐も少なからずみられるようです。

比較的大人は子供より軽いと言われますが、前述した通り妊娠中はできる対処療法が限られるためあまり軽症とは感じにくいと思います。

症状は大体1週間程で治りますので、水分をしっかり摂りゼリーやそうめんなど喉越しの良いものを食べて乗り切りましょう!

私は幸い対策が功を奏したのか妊娠中はかかりませんでしたが、翌年今度はその末っ子が保育園でプール熱をもらってきて家族にも感染!

結果、一家総出で寝込むことになったのでした…

まとめ

妊娠中の病気感染予防には、まず食生活や生活のリズムを整えておくことが何より大切です。

ママ業に休みはありませんので体調管理をしっかりとして、日頃から免疫力の向上を心がけましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です