アロマテラピー検定や資格で仕事できる?サロン開業の年収は?

アロマテラピー検定

アロマや香りが好き、アロマセラピーなどで人を癒す仕事ができないかな?
と思ったら資格を取ろうと思いますよね!

ここでは、アロマの資格としてまず受ける人が多いアロマテラピー検定と、
その後仕事にしていきたい方が受けるアドバイザーやアロマテラピーインストラクター、
アロマセラピストの資格について、全ての資格を取得した経験者が解説します。

さらにアロマセラピーの自宅サロンを開業した経験から、
自宅でのサロン開業の準備や収入などについてもご紹介します!

スポンサードリンク

アロマテラピー検定はどんな試験?

アロマに興味がでてくると、
まず受ける人が多いのがアロマ検定ですよね。

アロマテラピー検定とは、公益社団法人の日本アロマ環境協会が主催して行っている、
アロマテラピーの正しい知識を広め、
いろいろな場面で植物の香りを使える人を増やすために
年2回開催されています。

最近では電車や雑誌の広告なども出ていて、
アロマ検定の認知度は高まっていますよね。

私も、初めてアロマというものに出会って
「もっと勉強したい!」と思ったときに、
一番初めに「アロマ検定を取ろう!」と思い受験しました。

初めての方にもわかりやすいように、アロマ検定の難易度やどんなテストなのか?
独学でも合格できるのか?についてご紹介します!

アロマテラピー検定の過去問はどんな問題がでたの?

試験の内容ですが、試験範囲は公式のテキスト全部です。

えっ!大変!と思われるかもしれませんが、
逆にほとんどの答えはテキストに書いてあるので、
テキストをしっかり勉強していれば大丈夫!

ちゃんと理解できているかが不安な方は本屋さんで
問題集なども販売されているのでそれらを使ってもいいですね。

検定では精油の香りが配られて、
この香りはなんの精油ですか?という問題もでます。

精油をもっていない場合は、
検定用の精油がセットになったキットが生活の木さんなどで販売されているので
購入して精油の香りが何かを当てられるようになっておきましょう!

アロマテラピー検定の難易度は?

アロマ検定は1級と2級があり、
1級の方が出題される精油の種類や内容が多くなっています。

たとえば2級の出題範囲にある精油の種類は

イランイラン
オレンジスイート
ジュニパーベリー
ゼラニウム
ティートリー
ペパーミント
ユーカリ(ユーカリプタス)
ラベンダー
レモン
ローズマリー

の10種類です。

1級は、2級の10種に加えて

カモミールジャーマン
カモミールローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
サイプレス
サンダルウッドインド
サンダルウッドオーストラリア
ジャスミン
スイートマージョラム
ネロリ
パチュリ
ブラックペッパー
フランキンセンス(オリバナム/乳香)
ベチバー
ベルガモット
ベンゾイン(安息香)
ミルラ(マー/没薬)
メリッサ(レモンバーム)
レモングラス
ローズアブソリュート
ローズオットー

の合計31種類です。

合格率が90%くらいで合格率が高い検定ですので、
きちんと公式のテキストを買って、
出題範囲の精油の香りや働きを覚えれば、
特に難しいわけではありません。

そもそも、この検定が行われている目的の一つは
「正しい知識を知って、アロマテラピーを楽めるようになってくださいね」
というものなので、みなさんを落とすためだったり、
選ばれし者の称号を与える試験ではありませんので安心してくださいね。

アロマテラピーの検定は独学でも合格できる?

最後に、アロマ検定を独学で勉強して受験したいと
思っている方も多いとおもいます。

私も独学で2級と1級を同時に受験して合格しました。

もちろん多くの場合は独学でも大丈夫ですし、
1級をいきなり受験されて合格される方も多いです。

ただ、アロマ検定を受験される目的によって
独学がおすすめか教室やスクールに行った方がいいかは変わります。

もし、お金をかけずにアロマの資格が欲しいなと思って受験するなら、
独学で大丈夫です。

もしあなたが検定の合格することも大事だけど、アロマをもっと詳しく知りたい、
自分や家族などのためにアロマを使ってみたいと思って検定を
受けられるなら、スクールをおすすめします。

スクールなどで先生に教わった方が、
精油の使い方やコツ、精油の知識もわかりやすく説明してもらえます。

あなたが実際に使える知識が欲しいのであれば
スクールなどに行かれるのをおすすめします。

まだ、そこまでアロマが好きかわからないし・・・
という場合は独学で勉強されて検定に合格された後に
もっと勉強したくなれば本格的なスクールに行かれるのもいいですね!

アロマテラピー検定の費用は?

アロマ検定を受けるのに一体どのくらいお金がかかるのかな?
それに見合った将来は見込めるのかしら?と気になりますよね。

アロマ検定には1級と2級があり、
1級の方が出題される内容が多いので難易度が高くなります。

あなたがまずは2級だけを受けられるのか、
1級も同時に受験しようとされているのかで、
勉強の費用が変わってきますので1つづつ見ていきますね!

もし、2級だけを独学で受験されるなら、

・2級の受験費用 6480円
・2級のアロマテラピー検定の公式テキスト代 2160円
・2級の出題範囲の精油セット(生活の木さん) 2160円

が最低限必要かなと思うので、
2級だけを受験する勉強するのにかかるお金は約1万円くらいかなという感じです。

問題集なども買ってもっと頑張ろうかな!という場合は、
その分の問題集代も必要になりますね。

次にもし、1級と2級を同時に受験されるなら、

・1級、2級併願の受験費用 12960円
・公式テキスト1級 2346円
・公式テキスト 2級 2160円
・精油セット 2級 2160円(生活の木さん)
・精油セット 1級 7560円(生活の木さんではAセットとBセットの2つに分かれていますの両方購入します)

などが最低限いるので、1級2級同時受験するなら2万7千円くらいがかかる計算になります。

このほかにも、独学ではなくてアロマ検定対策のスクールやセミナーに参加する勉強方法もあります。

この場合はスクールごとに値段は変わりますが、
大体の大手のスクールは受講費が3万円くらいで、
アロマ検定の公式テキストと精油セットは料金が別途かかることが多いようです。

資格を取るだけなら独学でもいいのですが、
やっぱりアロマの楽しみ方とか、
アロマを実際に使っている人から教わると、
もっと面白く勉強できたり日常に活用できるので、
もしお金にゆとりがあるのならスクールなどに行くと楽しく学べますよ!

アロマテラピー検定のテキストを使った精油の覚え方

アロマ検定にだされる香りを独学で覚えようとした時に、
絶対に用意して欲しいものがあります。

それはテキストと精油の検定対策キットです!

生活の木さんなどから販売されているので、
精油の香りを確かめながら覚えるのが近道なので必ず購入してくださいね!

テキストとこの精油のセットを使いながら、
香りを覚えていきます。

ノートにまずはテキストも参考にしながら精油の名前を縦にずらっと書きます。

次に精油の名前を書いた横に、
1つづつ香りを嗅いだ時の印象を書いていってください。

例えば、最初にスッとした香りが感じられて、
後からちょっと甘い香りがする。

や、

よくおじいちゃんのお家で嗅いだ匂い、など。

このように書いていくと、
試験で香りのテストが出たときにもこういう香りだから、
きっとあの精油だな。
とわかるようになりますよ。

アロマテラピー検定の1級の精油はどう覚える?

香り自体は先ほどの覚え方で大丈夫ですが、
精油の学名や効能、成分などはどうやってお覚えればいいのかもみていきましょう。

まず学名は、多くの場合は植物の特徴を表したものになっているので、
学名を分解してどういう意味なのかを調べて覚えると、
植物をイメージすれば、
「あっ、こんなんだったな」と思い出しやすくなりますよ。

そのためには、植物がどんな形をしているのかというのも知っておく必要がありますね。

テキストの写真を見たり、ネットで検索したりして、
どういう場所にどんな感じで生息しているのかを調べてみてくださいね。

次に、効能はまずは1つの精油に1つの効能を覚えて下さい。

このときに、一番その精油で有名な効能を覚えることがコツです。

まずは、すべての精油について、
1つずつ効能や効果を言えるようになることを目標にしてみて下さい。

多くの香りには歴史や物語があるので、
その物語と合わせて効能を覚えるのとスッと頭に残りやすくなります。

たとえば、「ローズマリーが若がえり」だったり、
「ラベンダーが実験中にやけどをしたときに使ったのが治った」というお話などから、
香りの効能を知っていくと忘れにくくなりますよ。

アロマテラピー検定の2級の精油はこう覚えよう

最後に2級の精油にもつかえるコツとして、
何科の植物の香りが何種類あるのかをまとめる
とわかりやすくなりますよ!

植物には「科」という、グループ分けしています。その「科」ごとに特徴や効能が似ています。

たとえば、

シソ科
フトモモ科
ミカン科
キク科
バラ科
フウロソウ科
イネ科
ヒノキ科
クスノキ科
バンレイシ科

などですね。

しっかりとこれらをまとめてくれている本もありますが、
自分でテスト範囲の精油には何科の植物がいくつあって・・・と
ノートにまとめていくと出題範囲の精油の全体像が見渡せるようになるので、
覚えるのが格段に楽になりますよ!

科が同じだと、葉っぱや植物の形もにていたり、成分が似ていたりします。

同じ科の中でも何が違うのか、という視点で見ていくと、
今後あなたが精油をブレンドしたりするときにもとっても役立つので、
ぜひやってみて下さいね!

アロマテラピーの資格って役に立つの?

アロマテラピー検定を受けて1級も合格すると、アドバイザーやインストラクターやアロマセラピストへの道を考える方も多いですよね。

でも、上級の資格を取得するにはスクールに通うことになり、何十万と結構費用がかかるので、

この資格を取った後に仕事につながるのか?
何か生かすことができるのか?

というのが気になる方も多いのも事実。

そこで、ここでは

・アロマの資格で仕事につながるのか?

・どんな場所で生かせるのか?
・難易度はどうなのか?
・独学でも上位の資格は取得できるのか?

についてご紹介します。

まずは、アロマの資格って仕事につなげられるのかな?
アロマで収入って得られるのかな?
どんな場所で使えるの?
ということから見ていきましょう。

アロマの資格には大きく分けて3つあり、それぞれの資格でできることが異なります。

その3つとは、

・アドバイザー
・インストラクター
・アロマセラピスト

があり、これはアロマの各協会や団体ごとによって資格の内容や呼び方は違ってきます。

今回は、日本で一番大きな規模のアロマの団体であるアロマ感協会の場合で例をあげますね。

アロマテラピーのアドバイザーとは?

まずアドバイザーという資格は、
アロマ検定1級を取得して、
アロマ環境協会に入会してアドバイザー講座を受けることで取得できるのが
アドバイザーという資格です。

これはアロマショップなどでアロマ関連の商品を選ぶお客様などに
商品のアドバイスをしたり、
家族やお友達にアロマのアドバイスができるという資格です。

アロマテラピーインストラクターとは?

次にインストラクターというのが、
アロマの先生としてセミナーなどを開催できる資格です。

アロマ関連の仕事としては、アロマのショップの店員さんであったり、
アロマのセミナーや講座の講師になる道もあります。

ただアロマの講師は、卒業した学校から「講師になりませんか?」と
お声がかかることで仕事をいただくことが多く、狭き門であることが多いです。

アロマテラピーインストラクターの合格率や難易度は?

アロマテラピーインストラクターの合格率は約70%~80%です。

難易度は、それぞれの方のこれまでの経験や経歴などによって左右されますが、
先生に質問してわからないことを解決しようとしたり、自分で本を読んで理解しようと努力される方なら
インストラクターもアロマセラピストも取得できる方が多いです。

たとえば多くの方がつまづきやすいのは、
「解剖学」といって人間の骨や筋肉の名前や仕組みを学ぶときです。

あとは、アロマの精油成分を勉強するときです。

モノテルペンアルコール、エステル類、エーテル類などカタカナの用語も多く
いままで化学に馴染みがない方には、とっつきにくく難しく感じるかもしれません。

でも、そういう方でも先生がわかりやすく教えてくれたり、
自分で勉強することで乗り越えておられる方も多いので、
頑張る気があれば大丈夫です!

授業に出席していれば合格できるくらいの簡単さではありませんが、
しっかり勉強をするつもりがある方なら
クリアできる難易度となっていますよ。

アロマセラピストとは?資格を取ると何ができる?

もう一つの資格がアロマセラピストで、
アロマトリートメントの実技や解剖学など体のことも学んで、
アロマサロンなどで働くことができる資格となります。

アロマセラピストになるには、精油の化学的な知識や体の骨や筋肉、
内臓の働きなどの学科の勉強と、マッサージ(正確にはトリートメント)技術、
の大きく2つを学んでいきます。

アロマセラピストの学科試験の合格率は約70~80%です。

実技試験はそれぞれ学んだ各スクールで行われることが多いので、
合格率は公表されていません。

学科試験とトリートメント実技試験に合格したら、カルテ演習もあります。

実際にクライアントさんをお願いしてトリートメントをさせてもらって、
どんな症状の方にどんな精油を選択したか、
その後どのような変化が見られたかなどを書き留める症例を
規定数集める必要があります。

この試験内容や勉強内容から考えてみると、
アロマセラピストは精油を使ったマッサージ(本来はトリートメント)をする人、
という表現がわかりやすいかもしれませんね。

もちろん、アロマセラピストの資格をとっても、
マッサージはせずにアロマクラフト講座などだけを行う人もいますし、
セラピストだからといって必ずトリートメントを
しなきゃいけないというわけではありません。

人の体に触る分、体の勉強や精油の勉強をしっかりしないといけないということですね。

なので、アロマセラピストの資格のためにしっかりと勉強すれば、

アロマのトリートメントをするベースは身につけられるという感じです。

アロマセラピストの仕事って?

アロマセラピストになってどのような形態で働くかにもよりますが、
どこかのサロンに勤めるならマッサージはもちろん、
お店のお掃除やアロマ関連の商品の販売なども行うことが多いですね。

もし、自分で独立されるなら、
経営の勉強や開業の勉強もする必要がありますし、
内装やインテリアや備品などを買い揃える必要もあります。

自分でお客さまに来ていただけるように集客もしないといけない、
などやることは沢山あります。

その他にカウンセリングやアフターフォローなども行う必要がありますね。

いろいろ煩わしいことが苦手なら、お仕事としてではなく、
家族やお友達に無料でしてあげるというのもいいですよね!

というわけでトリートメントだけじゃなく、
カウンセリングや集客(自宅サロンなどを開業する場合)も行うのがアロマセラピストの仕事
となります。

アロマセラピストになるには?スクールに通わないとダメ?

インストラクターやアロマセラピストは
基本的にはスクールに通わないと取得できない資格になっています。

アロマ環境協会は、以前は試験に合格すれば独学でも大丈夫でしたが、
制度が変わってスクールを卒業することが必須になったので、
独学でインストラクターやアロマセラピストという資格を取ることは難しいです。

でも、資格が欲しいわけではなくて人をトリートメントしたいと思うなら、
資格がなくても働けるアロマサロンなどもあります。

経験0の方でも研修を受けながら
セラピストになれる制度を設けているサロンもあるので、
そういう仕事を探されるのもいいですね。

どのアロマの団体も民間の資格なので、
その資格がないとアロマセラピストなどとして
仕事をしてはいけないわけではありません。

でも、その勉強をきちんとしてきたというあなた自身の自信となったり、
体系立てて教えてもらえるのでスクールで学ばれるのを私はおすすめします。

アロマテラピーで仕事はできる?

では実際にこれらの資格を取得した時にすぐに就職ができるのかという、
実際のところを見ていきましょう。

結論から先に言ってしまうと、
これらのどのアロマの資格を取得しても、
すぐに就職に結びつくわけではありません。

どちらかというとアロマの資格の場合は「どこかに就職する」というよりも、
自分でお教室をしたりアロマサロンをオープンする方が
道は広く開かれているかなと感じています。

スポンサードリンク

どこかに就職するにはもともと募集がすくない場合が多かったり、
先生やセラピストとして仕事をするにも、
そのスクールを卒業していることが条件だったりするので、
就職先が少なかったり空きが少なかったりするんです。

なので、どこかに就職できるかも!と思って資格を取ろうと思うなら、
ちょっと仕事には繋がりにくいことが多いです。

自分で独立してアロマをお仕事にしよう!と思えるなら、
上位の資格を目指される価値があると思いますよ!

アロマセラピストの年収は?

アロマセラピストとしてサロンに勤めるなら、
お店によって異なりますが、多くのサロンが時給1000円くらいです。

あとは自分がどのくらいの時間お店に入れるかで掛け算をすれば、
月収や年収が計算できます。

次に自分で自宅サロンを始める場合の年収についてもご紹介します。

1ヶ月にどのくらい稼げるかは、
あなたがどのくらい体力があるのか、
どのくらい稼ぎたいと思っているのか、
どのくらいのネットで集客できるかでもかなり変わります。

まず最初に
週2回、1日1名限定というスタイル
の場合をみていきましょう。

体力がない方やお子様がおられる主婦の方などに多い働き方ですね。

自宅でのアロマトリートメントの一人当たりの価格の目安は
60分で5000円くらい、90分で8000円くらいです。

これはあくまでも経験上の目安で、
理想としては物販(精油やオイルなど)を含めて
1時間1万円の単価を目指したいところです。

さて、収入の額ですが、どのようなお客様を対象にするかにも変わってきます。

あなたが昼間しかサロンをオープンしないのであれば、
お客様は主婦の方か自営業の方が対象になります。

サロンに来ていただける頻度は主婦の方なら
だいたい1回5000円で月1回くらい、
自営業の方で収入がある方は1回8000円で月1回か2回くらいです。

もし、主婦の方を対象にして予約が全て埋まれば、
のべ月8名なので4万円の売り上げになります。

自営業の方を対象にするなら、
のべ8名で6万4千円の売り上げになる計算になります。

ですので、
週2回、1日1名限定で予約を全て埋められれば
5万前後くらいまでの売り上げ
になります。

ブログやフェイスブックなどを正しい方法を学んで実践すれば、
月8名の予約は満席にできている方もおられますよ。

アロマテラピーのサロンで集客を頑張ってできる場合の収入は?

では、次にもう少し体力があって、
旦那さんも帰りが遅いし夜もご予約をお受けできる場合をみていきましょう。

週3回、1日2名(昼と夜)に予約を受け付けるとします。

すると、お客様は昼は主婦の方か自営業の方で、
夜は仕事帰りの方が対象になりやすいです。

夜に仕事帰りの方が90分8000円をご予約いただけるとすると
夜だけで月9万6千円で、
昼は主婦の方と自営業の方が半々でこられたとして
7万8千円くらいになります。

なので合計すると
週3回、1日2名だと月の売り上げが17万4千円
になりますね。

ただこれは、週3回、1日2名で月24個の枠が全て埋まった時の売り上げです。

24名様分の枠を全て埋めようと思うと、
ブログ、フェイスブックはかなりしっかり頑張らないと
お客様からの予約でいっぱいにするのは難しいです。

ブログやフェイスブックを書き方やデザインなども
「集客」を意識して行う必要があります。

アロマテラピーサロンの仕事で生活できるようにしたい場合

最後に体力がとてもある方の場合をみていきましょう。

この場合は週5日、1日4名のご予約を受け付けるとします。

お一人当たりの金額は5000円と8000円の平均をとって6500円とします。

1ヶ月のお客様の延べ人数が80名様で、
お一人あたり6500円なので、
計算すると週5日、1日4名のご予約がいっぱいになれば
売り上げは52万円
になります。

これ以上のお客様の数になるとあなた一人では対応できないので、
スタッフを雇う必要が出てきます。

なので、おそらく一人でサロンをした場合の上限の売り上げは
50万円くらい(物販なしで)になると思います。

さてこの月50万円くらいの売り上げになる
80名様の枠を全て埋めようと思うと、かなり大変です。

ブログやフェイスブック、HPをしっかりと頑張ることはもちろんのこと、
広告費を出して集客する必要がでてくる規模になります。

ご自分の体力と稼ぎたいと思う金額を考えながら、
上記を参考にしていただければ開業後のイメージが少し湧いてくるかと思います!

アロマテラピーのサロンを開業する費用はいくらかかる?

アロマのサロンを自宅で開業する場合の資金は、
おおよそ10万円くらいです。

これは、最低限必要な施述のベットやタオル、オイルなどの値段が含まれています。

家賃は自宅なのでかかりませんし、
宣伝もまずは無料のブログなどからはじめていけばいいと思うので、
HPの作成費用などは入っていません。

インテリアや小物、などをどのくらいこだわるかによって金額は変わりますが、
ひとまず友人などのお客様をお迎えできる最低限を整えるのには
10万円くらいを見ておけばいいと思います。

いきなり全部を完璧に揃えずに、まずはお一人をお迎えして施述をしてみてください。

だんだんと自分がどういう方にトリートメントをしたいのか、
どういうサロンにしたいのかが見えてきます。

そうなってからお金をかけて整えると無駄にならずにすみますよ。

アロマテラピーサロンを開業して失敗する原因とは?

アロマのサロンを自宅で開業するのは、難しいのかな・・と思われる方もいると思います。

私の周りでも自宅でサロンをされている方が多いのですが、
お話をきくと始める時には「えいや!」で始めたり、
「流れで・・・」となんとなくでも始められる方が多いです。

この時に重要なのは、まずは小さくていいので始めること!

自分のサロンはこんな風にしたい!
と妄想を続けていても、
実際のお客さまの求めているものとはぜんぜん違うことがあります。

あなたがお客さまにしたい方は何に悩んで、
どういう風になりたくてあなたのサロンにくるのか、
というのをリサーチすることが大切です。

経営のことや集客のことは小さく始めてから考えればいいので、
まずは知り合いの方にたくさんお話をきかせてもらいましょう!

アロマテラピーサロンの開業準備はまずこれをしよう!(1)

自宅でアロマのサロンを始めたい方は
まず何をすればいいのかについてみていきましょう。

サロンを始めようとする時に、こんな雰囲気のお店にしたいな、
こんな色や小物が置いてある素敵なサロンにしよう!
など、いろいろなサロンの写真をみたりして想像するのが楽しいですよね。

多くの人がサロンの内装などに時間を使っているのですが、
もっと時間をかけて欲しいのが、
あなたはどんなお客さまにサロンに来て欲しいのかを決めることです。

どんな人にも来て欲しい、私を選んでくれる人なら全員!というのは、
メッセージがぼやけてしまって誰の心にも響かないので、
誰も来てくれないんですね。

なので、まずはこの1人の友人にずっと来てもらえるためにはどうしたらいいか?
この友人はどんなことに悩んでるのかな?というのを調べたり、
実際にトリートメントをして感じるということを何度も繰り返して下さい。

ここがしっかりできるかできないかで、
あなたのサロンが人気がでるか、3ヶ月後に閉店するかが決まりますよ。

自宅でサロンをするメリットは家賃がかからないことです。

その分、値段を安くすることもできるし、自分の好きな時間に予約を受けることもできます。

自宅でやるメリットを生かすためにも、まずはお客さまのリサーチを念入りにしてくださいね!

アロマテラピーのサロンを自宅で開業するときに準備すること(2)

自宅や場所を借りてサロンをするときに考えておくことの一つに、
「自分が月いくら収入を得たいのか」ということがあります。

最初は、「お客様が来てくださったときだけでいいかな」と思うこともあると思います。

でも、サロンを継続していくためには、
維持する費用や、あなたがさらに学んでいくための費用も必要になります。

そのために、収入を考えていくことも大事なんですね。

自分の理想の収入がだいたい決まったら次に考えるのが、働く日数です。

「月に何日働くのか、週に何日働くのか?」

反対に、

「週に何日はかならず休み、家族のためや自分のために時間を確保するのか?」

ということを考えていきます。

これを考えずに収入だけで進めていくと、
目標の金額を稼ぐためだけに仕事をすることになり、
だんだんと楽しく無くなっていき、
サロンをやめる方も多いです。

女性の方が好きなことで仕事をするのは、
楽しんで自分も家族も幸せになるためですよね。

なので、自分の体や心のバランスが取れて、
エネルギーが満タンの状態でお仕事に取り組めるように、
働く日数を決めてくださいね。

アロマテラピーサロンの開業準備で名前をつけるときのコツ!

アロマのサロンを自宅で開業しようと思ったときに決めるのがサロンの名前。

自分の思いを込めたサロンにしたいですし、
サロンの名前もこだわりたい女性も多いですよね。

自分の思いを込めながらも、
お客様にたくさん来てもらえるサロンにするために、

どんな名前にすればいいのかや、
どんな名前はやめておいたほうがいいのかをご紹介します。

まずは、サロンの名前をつける時にやりがちな失敗例から見ていきましょう。

ここでいう失敗というのは、
「お客様が集まりにくい、もしくはお客様に覚えていただくい名前」
という意味でお話を進めて行きます。

もしあなたが、
お友達や身近な人に予約があった時だけトリートメントをするのがいい、
それ以外に一生懸命集客はするつもりはない、
というのであればここでご紹介する内容は無視してもらって大丈夫です。

そういう時はあなたの好きな名前をつけると愛着がわきますし、
あなたの想いなどから名前を決められたら大丈夫ですよ。

一方で、お友達以外にもお客様に来てもらいたくて、
集客のことを考えていくなら、
気をつけておきたい点があります。

それは、あなたのお客様になっていただきたい方に
馴染みがない単語や言語を使わないこと。

つまり、英語の難しい単語やフランス語などで名前をつけるのは
集客の面からはおすすめしません。

どうしてかというと、
お客様が日常に口にしない単語や
あなたの造語だと覚えていただくこと難しくなります。

そうすると、
お客様が別のお友達にあなたのサロンの話をしてくださったときに、
友達の方がネットで検索しにくいですよね。

せっかくのご紹介から来ていただけるかもしれないお客様に、
あなたのHPやブログを見ていただけないかもしれません。

英語なら中学英語くらいの単語にするか、
日本語にするといいですね。

アロマサロンの名前のつけ方の3つのコツ

では、具体的にはどんな名前がいいのかをみていきましょう。

名前のつけ方のポイントは3つです。

・簡単で
・長さが短くて
・単語としてすでに存在して、お客様もよく知っている言葉

例えば、精油の名前でも有名なものでローズ、ジャスミン、ラベンダーなど。

お客様もよく知っているし、アロマと連想もしやすいですよね。

覚えてもらうという点では、
ご自身の下のお名前でも効果的ですよね。

漢字だと絆、結、香などを使っているサロンも多いです。

自分のサロンへの想いや売りなどを入れたいと思いますが、
造語や辞書で調べないと出てこないような言葉は
使わないのがオススメです。

アロマテラピーサロンの名刺やブログで紹介しやすい名前にしよう

アロマのサロンが人気になるには、
ブログなどで情報発信をしたり、名刺を作って人に渡したりしますよね。

そのときに、「アロマテラピーサロン⚪︎⚪︎の△△です。」と書くことが多くなります。

このときに、
サロンの名前を英語のアルファベットにしている場合でも、
ブログなどの文章にはカタカナで書くほうが
お客様の印象に残りやすくなります。

例えば、「アロマサロン jasmineの山本です」というのと
「アロマサロン ジャスミンの山本です」だと
日本人の私たちはカタカナのほうが目に入りやすいですよね?

なので、正式名はアルファベットにしていても、
ブログやSNSの情報発信ではカタカナで書くのがオススメです。

サロンの名前を決めるときにカタカナで書いたときに
読みやすいかどうかも
確認してみてくださいね!

アロマテラピーのサロンの料金はどう決めるのか?

自宅サロンなどをされるときに、
自分の施術の料金設定の仕方で、後々自分が苦しくなってしまう方法が3パターンあります。

自分が苦しくなる価格のつけ方1つめは、
「自分のお客様が来てくださる地域の範囲内にあるライバルよりも安くする方法」
です。

なぜ苦しくなるかというと、
安い値段にするとお客様の人数を増やさないといけないので、
集客がさらに大変になるからです。

2つめが「自分が習ってきた先生と同じか安くする方法」

これは、自分が習った先生より
今の自分はまだレベルが低いから値段も低くしておこう、
という考えでつけるというパターンです。

まだ始めたばかりだし・・・という気持ちもわかるのですが、
値段設定は先生と比較して決めるのではなく、
自分自身の土地柄や対象としているお客様の層にあった
適正な値段を決めていきたいですね。

ただ、オープン前にプレオープンとして少し値段を安くして、
お客様の感想をいただいたり、実績作りをするのはいいと思いますよ!

3つめが「今の自分ならこれくらいは払えるという値段にする方法」です。

これは、自分ならこれくらいなら払えるかな?
という考えで料金を設定するので、
もし対象としているお客様があなたと同じ環境や立場の方(主婦や自営業、年齢など)
を対象としているなら参考にはなります。

しかし対象の方が自分とは違っているなら、
自分を参考にするとお客様には適正ではない値段設定にはなりません。

アロマテラピーのサロンの値段のつけ方の方法

では、具体的にどうやって料金を設定していけばいいのでしょうか?

まず、私の経験上、
サロンされる女性の方は「時給1万円」
という考え方をベースにする
といいなと考えています。

なぜ1時間1万円かというと、
これ以下の値段設定だと時間はたくさんやっているのに、
なんかおもったほど儲かってない・・・
という状態になる方が多いからです。

特に家庭も自分の時間も大事にしてお仕事をされたい女性の場合は、
仕事に使える時間が限られているので
1時間あたりの収入を上げていく必要があります。

時給1万円というのは例えば、
1対1でレッスンやサービスをするなら
1時間1万円の料金設定にするということですし、
もしあなた1人に対して4人の生徒さんのレッスンであれば
一人2500円のレッスン代にするということです。

まずはこの1時間1万円という値段に仮に設定すると考えると、
「自分はまだそんなにもらえないな・・・」とか「もっともらってもいいよね!」
とか自分の感情が出てくると思います。

もし、まだそんなにもらえないなと思うなら、
どうしたら自分自身で
「これだけ質のいい内容を提供しているから、1時間1万円は安いくらよね」と
自分で思えるような内容を提供していけるかを
考えていく必要があります。

1時間1万円と仮に考えたときに
「もっと頂いてもいいよね」と思える方は
自分がこれくらいでもいいよねと思える値段設定にしてもしてみてくださいね。

さて、もしあなた1人に対して
4人の生徒さんのレッスンで2500円のレベルの内容が提供できるようになったなら、
4人レッスンであってもお一人に対して
1時間1万円をいただける内容にレベルアップしていくことを考えてみてください。

こうやって考えていくと、
ただ値段をあげればいいということではなく、
自分がそれに見合ったサービスや内容を提供できているかも考えていくことができます。

「中身がないものや質の良くないものを高く売りましょう」
ということではありません。

あなた自身が価格以上のものを提供しているという確信がもて、
お客様には「安いくらいだわ!」と
喜んでお支払いいただけるようにするためには
何を変えればいいかな、どう工夫をすればいいかを考えてみてくださいね!

アロマ検定やアロマの資格で仕事できる?まとめ

アロマテラピーや香りの資格や仕事、起業や開業について、
いろいろとご紹介してきました。

アロマセラピストは女性が自宅でできる仕事であり、
育児や家事の合間にできるサロン開業。
自分の好きなことが仕事にできると楽しいですよね。

もちろん、仕事にしなくても自分磨きのため、
自分の趣味のためにアロマテラピー検定を受けたり
資格を取得するのも自信になりますよね!

自分にあった方法でアロマテラピーを学んでいきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です