のこのしまアイランドパークへのアクセスを天神から詳しく地元民が解説!

のこのしまアイランド

青い海に四季折々の花々が楽しめ、歴史散策なんかもできる能古島。

実は福岡の隠れた観光名所の一つなんです!

そんな能古島にある自然公園「のこのしまアイランドパーク」は、大人から子供までゆったりと自然に触れ合いながら楽しめる離島スポットです。

今回は福岡市内から短時間のフェリー乗船で行けてしまう、のこのしまアイランドパークへのアクセス方法を詳しくお教えします!

スポンサードリンク

のこのしまアイランドパークへのアクセス!天神からフェリーに乗るまで!

まずは天神から能古島へのフェリーが運航している、福岡市西区姪浜の能古渡船場までのアクセス方法を見ていきましょう。

私が1番にお教えしたいのが、バス1本に乗れば直通で行けてしまう方法です!

天神北フタタ前か天神高速バスターミナル前1Aのりばから乗車することができる、都市高速経由300番代の「能古渡船場行き」のバスに乗って下さい。

片道¥370で30分前後あれば到着します。

どのバスも都市高速からの景色を楽しみながらバスに揺られることができますが、より長く海の素敵な景色を堪能したいなら百道ランプ福岡タワー経由のバスがおススメ!

また数分程度ですが、西公園ランプヤフオクドーム経由のバスより早めに着きますよ。

またバスへの乗り換えが必要ですが、地下鉄で行くことも可能です。

まず福岡市営地下鉄天神駅から地下鉄に乗車して、姪浜駅で下車。

料金は片道¥300、15分ほどで到着します。

そこから姪浜駅北口バス停で「98能古渡船場行き」のバスに乗り換えると料金は片道¥170、15分ほどで行くことができますよ。

バスと時間はあまり変わりませんが、一緒に姪浜駅周辺の散策も楽しみたいならこちらがおススメです。

また自家用車やレンタカーでもアクセスすることができます。

天神北ランプから都市高速に乗り、愛宕ランプで下車しましょう。

そこから下道で20分ほどあれば能古渡船場まで着けます。

渡船場には1日たった¥500で停められる駐車場もありますので、こちらを利用するという手もあります。

ただ行楽シーズンなど混雑が予想される期間などは、すぐに満車になることも考えられますので注意して下さいね!

タクシーを利用すると確実に早く着くことができますが、中央区の天神から西区の能古渡船場までだとかなりの料金が発生してしまうためおススメはしません。

能古島に着いてからのこのしまアイランドパークまでの行き方は?徒歩も可能?

姪浜の能古渡船場からは料金片道¥230でフェリーを利用すれば10分ほどで能古島に着けてしまいます。

ベストシーズンはフェリーの臨時便が出たり、それでも乗れない人のために海上タクシーが運航されたりするので助かります!

さて能古島に着いてからのこのしまアイランドパークまでは少し距離がありますので、バスを利用しましょう。

能古島の渡船場から料金片道¥230で「アイランドパーク行き」のバスに乗れば10分少々で到着です!

スポンサードリンク

バスも混雑時には臨時便が出ます。

タクシーはどうやら数が限られるようなので、事前に予約するか確認をして下さいね!

またフェリーには料金割高にはなってしまいますが、車を乗せることも可能なので自家用車やレンタカーまたはバイクで行くこともできます。

(※車種などによって乗船制限や料金が異なります!)

のこのしまアイランドパークの駐車場はなんと無料で停められますよ!

(※園内への自転車やバイク・車での乗り入れはできません!)

そしてのこのしまアイランドパークへは徒歩でも40分ほどあれば着いてしまうので、辺りや周りの風景などを楽しみながら歩いて行くのもおススメ!

ハイキング気分でいろいろと散策しながら行くと、車やバスとはまた違った景色を見られるかもしれません。

能古島の渡船場でサイクリング用の自転車の貸し出しもあるので、自転車を利用するのも気持ち良いですよ!

のこのしまアイランドパークから天神への帰り方。どのバスにのればいい?

最後にのこのしまアイランドパークからの天神までの帰り方を解説します。

のこのしまアイランドパークから徒歩2分のところにあるアイランドパークバス停から、「渡船場前行き」もしくは「龍の宮行き」のバスに乗りましょう!

どちらも¥230、10分ほどで着きます。

渡船場からはまたフェリーや海上タクシーに乗って姪浜まで戻ります。

姪浜の能古渡船場バス停から、300番代都市高速天神経由「博多駅行き」のバスに乗れば天神まで帰れますよ!

ただし天神に戻る場合は必ず天神経由のバスに乗らないと、そのまま博多駅に行ってしまいますので注意して下さいね!

あとはそれぞれ天神地区の自分の降りたいバス停で下車すればOKなのですが、どこで降りたらいいのか分からないという時や乗り越しが心配という方もいると思います。

そういう時は天神地区の入り口である天神北で降りることをおススメします。

名立たる見覚えある百貨店ビルがたくさん建っていますので、目印にしながら戻れば迷うこともないと思います!

地下鉄を利用したい場合は、能古渡船場バス停から「98姪浜駅北口行き」に乗り姪浜北口で下車して下さい。

姪浜駅から市営地下鉄に乗ってまた天神駅で降りれば大丈夫です!

車の場合は、また愛宕ランプから都市高速に乗って天神北ランプで下車して下さい。

急ぎで帰る場合はタクシーという手もありますが、一度徒歩で渡船場から大通りに出た方がつかまりやすいですよ。

どの手段も所要時間や料金は行きと同じですので、帰る時の目安にして下さいね!

ちなみに「福岡検定」合格者は、のこのしまアイランドパークの入園料は無料になったり割引されたりするようなので、興味ある方はぜひ一度チャレンジを!

まとめ

今回は一番行きやすい福岡の繁華街・天神からのアクセス方法をお送りしました。

誰と行っても満足できること間違いない、のこのしまアイランドパーク。

この機会にぜひ足を運んでみて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です