妊婦の風邪の影響は?市販の薬は飲んでもいい?病院は何科にいくの?

妊婦 風邪

妊娠中は飲むことができる薬が限られ、風邪などの感染症には特に気を付けたいものです。

ただ風邪をひいてしまったらどうしたらいいのか、何科に行くのか、咳をしてお腹に力が入っても大丈夫かなど、いろいろなことが心配になりますよね。今回は妊婦の風邪についてまとめてみました。

スポンサードリンク

妊婦の風邪の影響は?赤ちゃんは大丈夫?

妊娠中は免疫力が低下していて、病気にかかりやすいので注意が必要です。赤ちゃんの半分はママの細胞からできていますが、残り半分はパパからもらった細胞でできています。

ヒトの体は「異物を体外へ排出する能力」を持っています。実は、赤ちゃんはママの体にとって「異物」といえるものなんです。それでも体外へ排泄せずに育てあげるのですから、本当に神秘的ですよね。

この赤ちゃんを無事に育て上げるために、ママの体は自分の体を守る免疫力(異物を排除する力)を低くしているのです。ですから普段ならなんでもない数日で治る軽い風邪でも、妊娠中は酷い症状になってしまうケースがあります。

風邪の症状には発熱、倦怠感、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳などいろいろあります。この中で「喉の痛み」や「咳」はママや赤ちゃんが危険な状態になることがあるので注意が必要です。できる限り早く治すようにしましょう。

特に、気管支が弱い方、ぜんそくの方は注意してください。喉を痛めて症状が進行すると気管支が炎症を起こします。この炎症が広がると肺炎にまで進行することがあります。

咳をすると呼吸が充分に行えず、酸素を取り込めなくなってママだけでなく赤ちゃんも酸素不足になってしまいます。

また、咳をすることでお腹に力が加わると、出産するためにいきんでいるような状態になってしまいます。咳を繰り返すと何度もいきんで子宮に圧力を掛けることになってしまい、切迫早産の危険があります。

まず、予防を徹底するようにして風邪の症状が出た時は軽く思わず、進行しないよう早期治療をおすすめします。

なお、夜寝るときに座椅子などのリクライニング機能を利用して上体を少し起こしたまま眠ると呼吸が楽になります。

これは風邪を引いた子供にも利用できる方法なので、リクライニング機能のある座椅子が家にあると便利ですよ。

妊婦の風邪は薬を飲んでも飲んでも大丈夫なの?市販薬はOK?

妊娠中は薬の服用は可能な限り止めておきましょう。薬というものは「治験」というものを行って、ヒトに対する効果や副作用などをチェックして認可されているものを言います。

薬は開発段階で「治験協力者」を募り、ヒトの体にどんな影響が出るのか何度も実験しています。体を張って薬の作用を実証してくれた人がいるからこそ、私たちが薬を飲むことができるのです。

多くの薬の治験協力者に妊婦や赤ちゃんは含まれていません。このため、薬を飲んだ時に妊婦や赤ちゃんにどんな影響が出るのか解らないことが多く、服用しないことが推奨されています。

多くの市販薬に「妊婦または妊娠している可能性がある人は服用しないでください」という注意事項が書かれています。市販薬を自己判断で飲むことは止めましょう。

また「咳止め」は対処療法であって、根本治療にはなりません。医薬部外品になるのど飴なども効果が期待できない場合が多く、治療にはなりません。

妊娠中はちょっとしたことが赤ちゃんの成長に影響する危険があるので、自分の判断で行動することはやめて、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

妊婦が風邪のとき食べ物で体にいいものは?

風邪の場合、症状に合わせて薬を飲みますよね。ただし、妊婦の場合は赤ちゃんにも薬の成分が届いてしまうので、ほとんどの薬を服用できません。このため民間療法で治療することがほとんどです。具体的には次のような方法があります。

・漢方薬を飲む
・梅肉エキスでうがいをする
・紅茶や緑茶でうがいをする
・生姜湯を飲む
・マスクをしてウイルスや細菌の侵入を予防する
・体を温めて血行をよくし、新陳代謝を高めて体の機能を向上させる

スポンサードリンク

まず、喉を刺激するものの侵入を防ぎ、殺菌作用のあるもので喉を洗う、ということが大切ですね。そして自然治癒力を高めるのも欠かせません。

梅肉はおばあちゃんの知恵袋とでもいいますか。古くからよく聞く風邪予防ですね。これは妊娠中だけでなく、常に使えるものですから常備しておいてもいいかもしれません。

なお「温活」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

体が冷えると血管が収縮して血行が悪くなり、全身に酸素や栄養が回りにくくなります。また体内の酵素の働きも低下し、新陳代謝も悪くなります。筋肉の動きも鈍くなるので、水分調整がうまくいかなくてむくみが酷くなることもあります。

冷えは体の不調の元凶になるので体を温めよう、というのが温活です。これは体調管理に気を配る妊婦にピッタリの対策ではないでしょうか。

白湯を飲む、膝掛けをする、首元を温める、露出度の高いファッションを避ける、ズボンを履く、腹巻きをする、ストレッチをする、といった習慣は生活に取り入れやすいですよね。温活で風邪を予防するのも妊婦には効果があるかもしれません。

私が二女を妊娠している時、長女がマイコプラズマとRSウイルスに同時感染し、激しい咳と高熱が続いて入院一歩手前までいきました。

赤十字病院で検査を受けている時、周囲に何人も同じ症状の子がいて「この子はいったい、いつ息を吸っているのだろう!」と本気で心配になるくらい激しい咳が続いていました。

それでも腹巻き、マスク、手洗い、うがいの徹底のお陰か、私は感染せずに済みました。やはり予防策はとても大切です。

なお、民間療法は確実な効果がすぐに現れる、というものではありません。特に漢方などは長く飲むことでジワジワと効果を得るものが多いと言われています。

気管支炎や肺炎、ぜんそくが疑われるような激しい咳が止まらない場合は医師と充分相談しながら薬を使って治療するケースがあります。

妊婦の風邪は病院の何科に行けばいい?内科?産婦人科?


妊婦のトラブルはまず産婦人科に行きましょう。妊婦のことは産婦人科が一番よく解っています。

おそらく内科へ行っても「妊婦にはどんな薬を出すのか判断しかねる」といって薬を出してもらえないことが多く、場合によっては「普段通っている産婦人科へ行ってください」と診察自体を断られることもあります。

ただ、産婦人科に行く場合は必ずマスクをして他の妊婦に配慮するようにしましょう。受付に呼び出しをお願いして、順番が来るまで外や車の中で待つ方がいいかもしれません。待機室に案内してくれる産婦人科もあります。

しつこい咳を治すのに一番いいのは産婦人科と内科があり、相互に連携している総合病院です。

総合病院は紹介状がなければ診てもらえないことがありますので、まず、通っている産婦人科に行って医師と相談し、総合病院の内科や産婦人科に紹介状を書いてもらうといいですよ。

症状が酷い場合は大学病院をすすめられることがあります。その場合、通院に時間が掛かったり、入院検査が必要だったりしますので家族と充分話し合いましょう。

特に、上の子が居るような場合はパパが仕事を調整したり、祖父母の手を借りなければならないケースがあります。

また、自治体や民間の乳幼児を預かる施設の利用を検討するケースもあるでしょう。そうなると大変ですが、ママの体や赤ちゃんの命が大切ですので、なんとか調整して乗り切るようにしてください。

咳は放置しておくと、どんどん悪化し、気管支炎や肺炎などに進行して24時間咳が止まらない状態になる可能性があります。結果的にぜんそくになるケースもありますし、肋骨が折れるような激しい咳になることもあります。

ママのためにも、赤ちゃんのためにも、早めに対策を講じるようにしましょう。

まとめ

妊娠中は薬が飲めず、色々な面で不便を感じると思います。

しかし、咳は酸素不足を招いて赤ちゃんの成長に影響が出たり、腹圧が高くなって切迫早産の危険が高くなったりします。

民間療法で予防や体調を整えることを心がけ、風邪を引いた時はできるだけ早く産婦人科で相談し、治療するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です