妊娠7週のエコーの見方!心拍弱い・胎芽が小さくても無事に成長する?

妊娠7週 エコー

妊娠検査薬で陽性になり妊娠7週に産婦人科へ行ったけれど、正常妊娠と確認してもらえなかった。心拍が弱かった。胎芽が小さくて成長するのか不安……など、エコー検査の結果を見て不安を覚えてしまうママも多くいます。

今回は妊娠7週の胎芽や胎嚢、卵黄嚢などの状態やエコーの写り方・見方を紹介します。

スポンサードリンク

妊娠7週のエコー、心拍が弱い・胎芽が小さくても無事成長する可能性ある?

一般的に妊娠7週になれば胎嚢(赤ちゃんを包んでいる袋)、胎芽(赤ちゃんに育っていく組織)が子宮の中に確認でき、心拍も測定できると言われています。

私も娘を妊娠した時、自分で数えた妊娠7週で胎嚢40.2mm、胎芽10.7mmのエコー写真をもらい、力強いドクドクという心拍を聞かせてもらいました。

ただ、妊娠7週目で胎嚢や胎芽を確認できても、心拍が弱い、というケースがあります。この場合、大抵は「一週間後にまた来てください」と言われ、医師がそれ以上の説明をしないことがあります。

「心拍が弱い」と言われると不安になってしまいますよね。医師からの説明がないと特に不安になりがちです。流産するの? 赤ちゃんの成長がストップしてしまうの? とよくないことを思い浮かべてしまうかもしれません。

はっきり教えてほしい! と思いますが、残念ながら医師でも「赤ちゃんが成長するのか」「流産するのか」ということは判断できないのです。

・胎嚢のサイズは?
・胎芽のサイズは?
・ここ一週間くらいの成長の度合いはどれくらい?
・正確な排卵日はいつ?
・心臓は妊娠5週~8週にかけて完成するので、まだ心拍が弱いこともありえる

こうした考慮すべきポイントがいろいろあり「とりあえず一週間待って成長度合いなどから判断するしかない」というのが正直なところなのです。

例え妊娠7週の標準的な胎芽サイズより小さかったり、心拍が弱くても、ちゃんと成長して元気な赤ちゃんが生まれるケースはよくあります。

標準的なサイズはあくまで標準・平均であって、便宜上「月経周期28日のケースを基準としているもの」です。

人の体は教科書通りにいかない点がたくさんあります。赤ちゃんの力を信じてもう一週間、待つようにしましょうね。

妊娠7週のエコーの見方のポイント

妊娠7週のエコー写真では、胎嚢(黒く塗りつぶされたような、胎芽を包む袋)と、その中に胎芽(白っぽい塊)が見られます。さらに卵黄嚢という胎芽の近くにある丸いものが見えます。

卵黄嚢というのは、胎盤が出来るまでの間、胎児の成長を支える栄養素を蓄えているものです。お弁当箱ですね。この卵黄嚢があるので、例えママがつわりで何も食べられなくても胎児はしっかりと成長していきます。

ただ、卵黄嚢は角度によっては見えないこともあります。妊娠7週では、胎芽も10mm前後ありますが人のような形に見えないことが多くあります。なんだろう? どれが赤ちゃん? と不思議に思うママもいるかもしれません。

とりあえず、エコー画像の黒く塗りつぶされた楕円形の黒丸と、その中の白っぽい塊を見つけましょう。

医師はエコーの角度をいろいろと変えて一番よく見える角度で画像をストップさせます。そして長さを測定します。この時に胎芽をよく見ると、白い塊からチョンチョンと1~2本、何か突き出ているものが見えるかもしれません。なにかを引っかけるフックのようにも見えるもの、それは手になっていく部分かもしれませんね。

小さくて解りにくいのですが、妊娠7週の終わり頃には中枢神経が完成し、心臓もかなりできあがりつつあります。目・手足・耳などもできつつある段階です。

妊娠7週の赤ちゃんはどういっても小さいですし、白黒のエコー画像なので見慣れていない人には解りにくいのですが、なんとなく人っぽく見えることがありますので、エコー検査中はモニターをしっかり見てみてください。

妊娠7週のエコーで双子はわかる?黒い影の正体は?

妊娠したら、まず、赤ちゃんはひとり、と思いがちです。ですが、双子や三つ子といったこともあり得ます。

私が以前、勤めていた会社の同僚4人が双子のママです。それもみんな、1、2年違いで双子を妊娠・出産しています。双子は伝染する?! という噂がまことしやかに囁かれているとか、いないとか……(伝染しません。偶然ですが、珍しいことかもしれません)。

こうした双子、三つ子といった場合は「多胎児妊娠」と言われます。自然に双子が発生する確率は1/80~1/100と言われていて、一卵性双生児と二卵性双生児のふたつのケースがあります。

一卵性双生児:ひとつの受精卵が何らかの原因でふたつに分かれ、二人の胎児が成長する
二卵性双生児:ふたつの受精卵が同時に子宮に着床し、二人の胎児に成長する

※一卵性と二卵性の現象が同時に起こって三つ子・四つ子が生まれることも稀にあります。

女性の卵巣の中では常に複数の卵母細胞(卵子に成長していく元の細胞)が成長し続けています。一番よく育ったものが卵子として排卵されます。

ただ、自然に複数の卵子が排卵されることがありますし、不妊治療などで排卵誘発剤を使った時に複数の卵子が排卵されることがあります。こうして排卵された複数の卵子が同時に受精し、子宮内に着床することで二卵性双生児や三つ子などが産まれます。

スポンサードリンク

さらに、海外で多くみられる事例として、体外受精させた複数の受精卵を子宮に戻して着床する確率を上げようとするケースもあります。海外の事例でみられる8つ子などは、医師が多数の体外受精した受精卵を子宮に戻して、それらが着床したための事例です。

※ 日本では子宮に戻せる受精卵(もしくは、赤ちゃんになるために細胞分裂が始まった「胚」といわれる状態の受精卵)は1個というガイドラインが定められています(特定の条件を満たせば2個まで認められる)。

一卵性の場合は少し状況が異なります。一卵性双生児は「ひとつの受精卵がふたつに分かれて胎児が二人になった」というケースです。

いつ受精卵がふたつに分かれたか、という時期によって「胎嚢ひとつの中に胎芽ふたつ」「胎嚢&胎芽が二組」どちらもあり得ます。

・胎嚢や胎芽のサイズが小さい
・心臓が小さくて複数の心拍を測定しにくい
・複数の胎嚢&胎芽が重なり合っていて判別しにくい
・エコーを当てる角度の関係でひとつしか確認できなかった
・そもそも医師が多胎児と思っていなくて、一組確認しただけで検査を終えてしまった

こうした理由で妊娠7週には双子と判断されないケースがよくあります。妊娠10週でも確認されず、母子手帳をもらって一か月後に妊婦健診を受けた時に「あれ? もうひとりいる?」と確認された、妊娠4か月になって双子と判明した、というケースも珍しくありません。

私の友人の双子ママは、後から双子と解ったために母子手帳をもらいにいく時期がずれてしまって、母子手帳の表紙に書かれている交付番号が連番にならなかった、と悔しがっていました。

ただ、多胎児妊娠の場合、いろいろなリスクがあると言われています。バニシングツイン(消える双子)という現象を聞いたことがあるでしょうか? 医学的には双胎一児死亡といいます。

何らかの原因で双子が同じように成長せず、途中で一人の成長が止まってしまって消えてしまう現象です。染色体異常や、受精卵に何らかの原因がある、と考えられます。いわゆる初期流産の双子版ですね。

こうして成長が止まった胎嚢&胎芽が黒い影としてエコー画像に写ることがあります。双子や三つ子のうちの一人の成長が止まった場合、他の胎児に影響が出る場合と出ない場合があります。

それは「胎嚢がひとつか、ふたつか(みっつか)」「胎盤(もしくは胎盤になる組織)を共有しているか、していないか」というようなことが関係していて、経過をみなければ判断できません。

また、胎児は順調に成長しているけれど、子宮内に出血などがあって黒い影としてエコー画像に写ることがあります。

妊娠7週で多胎児が確認できることは少ないのですが、エコー画像に黒くもう一組の胎嚢&胎芽が写ることもありますし、成長しなかった胎嚢&胎芽などが黒く写ることもあります。さらに、黒く写ったものが子宮内の出血や血の塊であるケースもあります。

いずれにせよ、黒い塊が見えた場合は、医師と相談して経過を観察し、ケースバイケースで対応していくことになります。

妊娠7週のエコーで卵黄嚢が確認できないのは大丈夫?

妊娠初期、ママのお腹の中には胎盤がありません。妊娠15週くらいに胎盤が完成し、赤ちゃんに栄養を送り始めるようになります。

ではそれまで、赤ちゃんはどうやって成長しているのでしょうか? それは胎盤ができるまでの間に必要な栄養分を「卵黄嚢」というものに蓄えていて、そこから栄養を得ているのです。いってみれば、赤ちゃんは胎盤が完成するまで自前のお弁当で成長している、ということですね。

卵黄嚢は胎芽の傍にあって、エコー検査の時に「白いリング状」に写ります。このため「ホワイトリング」と言われることがあります。

また、胎芽と卵黄嚢の位置によっては、天使の輪のように見えることもあって「エンジェルリング」と言われることもあります。

この卵黄嚢ですが、エコー写真で確認できるときと確認できない時があります。卵黄嚢は胎嚢が確認できる時期ならいつでも確認できます。ただ、エコーを当てる角度によっては胎芽の陰に隠れたりして見えない時もあります。

あるべきものが確認できないと「赤ちゃんの栄養分がないの?」と不安になるかもしれません。ですが、妊娠7週で胎嚢・胎芽・心拍が確認でき、一週間もしくは二週間後に成長していることが確認できれば卵黄嚢が見えていなくても大丈夫です。

医師は、正常妊娠を確認した後、無事に成長するかどうか確認するために1~2週間後にもう一度、病院に来るよういうでしょう。そして成長が確認できれば出産予定日を確定させて「母子手帳をもらってきなさい」と言います。このため、母子手帳をもらう時期が妊娠10週前後になりますね。

卵黄嚢が確認できなくても特別心配することはありません。正常妊娠は「胎嚢・胎芽・心拍」を確認することであって、卵黄嚢を確認することではありません。

まとめ

妊娠7週くらいは正常妊娠が確認できるかどうか、不安と期待が入り交じる時期です。

そして正常妊娠が確認できてホッとしていたら、後から双子・三つ子だった、と解ることもあります。

妊娠初期は不安になる材料がたくさんあってドキドキしますが、赤ちゃんはお腹の中で成長していきます。

ママは赤ちゃんを信じてリラックスしながら体調管理に気を付けるようにしましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です