あなたのブラのサイズの測り方あってる?ワコールなどのお店と自分で測る違いとは?

ブラ サイズ

皆さん、自分の胸のサイズを正確に知っていますか? そもそも胸のサイズの正しい測り方やブラジャーの選び方に「正しい方法」があることを知っているでしょうか? 

そしてワコールやトリンプなど下着メーカーの販売店で胸のサイズを測ってくれることをご存じですか? 

今回はそんな胸やブラのサイズ事情をまとめてみました。

スポンサードリンク

ブラのサイズの測り方の基本!

恥ずかしながら、私自身知らなかったのですが、胸のサイズの正しい測り方、そして正しいブラサイズの見方というのがあるそうです。

まず、ブラのサイズを見てみましょう。A70やC75などアルファベットと数字が並んでいます。

アルファベット=カップサイズ=トップとアンダーの差
A:約10.0cm、B:約12.5cm、C:約15.0cm、D:約17.5cm、
E:約20.0cm、F:約22.5cm、G:約25.0cm、H:約27.5cm

数字=アンダーバスト(胸の下、胴回り)サイズです。

つまり、トップ(乳首のある位置、バストの一番ふっくらしているところ)とアンダーバスト(胸の下、胴回り)ふたつのサイズが必要なんです。

トップとアンダーのサイズを正しく測り、その差を計算して選ぶということが基本になります。サイズを測るときに注意したいことは次のようなことです。

・姿勢を正す
・メジャーは水平に保ち、斜めになったり、ねじれた状態にしない
・髪の毛が挟まったり、下着の上から測ったりしない

この3点は注意したいですね。ただ、胸が豊かな人や垂れ気味の人はトップサイズを測るのに工夫が必要です。こうした場合は一番合っていそうなブラを付けて、胸の形を整えた上で測ります。

よく下着メーカーのサイトでは「胸を持ち上げて測る」という風に書かれています。これは、胸の正しいサイズというのは、脇や背中に流れてしまった脂肪も集めてカップに納めたサイズだからなのだそうです。

周囲に流れた脂肪も集めてカップに納めるとボリュームアップする人が多いのではないでしょうか。自分が思った以上に胸のサイズがある。そんな人が多いかもしれませんね。

ブラのサイズの測り方はワコールとトリンプで違う?

ブラのサイズを決める基本は、バストのトップとアンダーです。それも、ちゃんと胸の周囲の脂肪を集めて測ったトップとアンダーのサイズです。

メーカーが違っても下着のサイズ表記は同じですよね。そもそも、メーカーによって表記の仕方が異なっていると混乱してしまいます。

それに、自分の体のサイズは決まっています。体にブラを合わせますし、オーダーメイドのブラを買うにしても、自分の体のサイズを元にして作ります。

ですから、自分の体のサイズの測り方、ブラの選び方はワコールでもトリンプでも同じです。ただ、メーカーやシリーズによってブラの機能は様々です。

ハーフカップ、Tシャツブラ、フルカップ、ワイヤー入り、ワイヤー無しなど、デザインやブラを付ける目的が異なってきます。

・細身で胸のボリュームがなくて悩んでいる人
・体の幅が広い人で胸が広がってしまうことが悩みの人
・スポーツを楽しみたくてずれないフィットするブラが欲しい人
・胸元が開いた服をよく着る人

みんな胸に対する悩みやブラを付ける目的はそれぞれで、なにを重視してブラを買うか、異なります。

このため体のどの部分を重視するかが変わって来ますし、極端な場合、ブラよりもお腹や腰周りを補正する下着を買った方が美しいボディラインになってきれいに見えるケースもあるそうです。

このため、人によってはワコールやトリンプで測り方やブラの選び方が違った、という印象を受けることがあるかもしれません。ですが、体のサイズの測り方、基本は同じです。

ブラのサイズの測り方はつけたまま測るのが正しいの?

正確な体のサイズの測り方は難しいですよね。女性はホルモンのバランスが日々変わり、1か月の間でも微妙に体のサイズが異なります。測る日によってサイズが異なるケースもあるそうです。

私には2人の娘がいます。授乳期には、それそれはプリンプリンの張りのある女性らしい立派な谷間のある胸でした。胸の開いた服だって全然問題なし! 夫に見せびらかしたい! そんな胸でした(ただし、母乳を作るために胸元一杯に広がる血管が青くクッキリ見えるという、ちょっと怖い胸でしたけどね)。

それが今ではブラなしでも走れるくらいになんとも控えめな胸になっています。こうした小さな胸や、パンッと張って重力に負けない形をした胸なら真っ直ぐ背筋を伸ばして立った状態でもトップサイズを測れますね。

しかし、胸が柔らかくて広がり易い人や、年齢を重ねて強い張りを持たない胸の人は、背筋を伸ばしてトップを測るとブラを付けた時より小さく数字が出てしまいます。つまり、小さいカップを選んでしまうことになります。

スポンサードリンク

このため、人によっては「体に一番合っていると思えるブラを正しくつけてサイズを測る」のがいいと言われています。

この「正しくつけてサイズを測る」というのがポイントで、「ブラを付けた後、脇などに流れている脂肪を寄せ集めてブラの中に納める」ということが大切です。

この「正しいブラのつけ方」を知らないと、「正しいサイズ」が測れないんですね。胸がある程度豊かな方、脂肪が広がりやすい、脇に流れている場合はブラを付けないと正しく測れない、ということになりますね。

ただし、この方法で測ったら、同じ方法(寄せて集めて納める方法)で毎日ブラをつけないと意味がありません。測定したときと同じような方法で毎日付けなければ、ブラが合わない、ということになりかねませんね。

なお、上半身ヌードで90度のお辞儀をして胸を測る方法もあると言われています。この方法も人によっては胸が重力に引っ張られて垂れ下がってしまい、ブラを付けた時とは違うトップサイズになってしまう可能性があります。

ブラを付けて測るか、ブラなしで測るか、どんな姿勢で測るのか。それは体型や胸の形によって異なるので人によって正しい測り方が違ってくると言えますね。

しかし、どんな方法であっても自分で測るとメジャーが真っ直ぐなっているか、姿勢が適切か判断しづらく、上向いたり、俯いたりすることで微妙にメモリがずれます。

自分ひとりで正しいサイズを測るのはちょっと難しいかもしれませんね。

ブラのサイズの測り方はお店だとどんな風に測ってくれるの?

実際に下着専門店に行くと胸のサイズを測ってもらえます。これは服の上からだったり、キャミソールなどの上からだったり、ヌードだったり様々です。店員さんや客の要望によって異なるのが実状です。

本来はヌードになってトップとアンダーのサイズを測るのが一番ですが、初対面の店員さんの前で胸をさらけ出すのは勇気が要るのではないでしょうか。胸のことを正直に話すのも、お互いに信頼関係を築いた後でないと難しいですよね。

胸には人それぞれの悩みがあるデリケートな問題なので、下着メーカーとしても「はい、試着室で脱いで胸を見せてください」とは言いづらいものです。しかし、サイズが合わないものを販売することもできません。ですから

・可能な方法(差し障りのない方法)でサイズを測る
・店員が自分の経験から客にフィットしそうなブラサイズを考える
・ボリュームアップしたい、フィット感第一など、客の要望に合わせて店員がブラを選ぶ
・客がブラを試着して感覚を確かめる

このような流れで下着を選ぶことになります。サイズの測定はある程度の範囲を絞るためで、最終的には試着で決める、ということですね。

ですから購入前に「自分でサイズを測っておく」「ブラに求める機能を絞っておく」「予算を決める」といったことを考えておいてから、下着売り場に行くようにしましょう。

特にトップとアンダーの差が大きい(Fカップ以上)だったり、アンダーが80を超える人、妊娠中の人、授乳中の人などは特別な配慮が必要で、お店の対応が違ってくるケースもあります。

最近はとにかくブラの機能が多種多様で、多くの悩みに応えてくれます。事前にどんな機能のブラがあるのか調べておくとお店で相談し易いですね。

私のように出産経験があり、ボリュームがなく、ボディラインが変わりやすい年齢になってくるとブラは「デザイン」よりも「機能」が重要になってきます。おそらく、店員さんも私を見ると、そうしたことがピンとくるでしょう。

きっとサイズ測定はサッと済ませて機能重視のブラを選ぶに違いありません。「ほとんどまともにサイズを測らずにブラを勧められた」ということになるかもしれません。

でも、決してそれは間違っている訳ではなく、私のニーズに合わせたものを選んでくれている、ということになります。

正確なサイズを測定するということと、適切なブラを選ぶ、ということは、見方によっては違って見えるかもしれませんね。

お店で測るとアドバイスをもらえることも

10代から始まる胸の悩みは幾つになっても女性に付きまとうものです。

しかも、年々、悩みの内容が変わって、対応の仕方も異なってきます。

定期的に自分で正しくボディサイズを測り、体に合った機能をブラに求めたいですね。

そして時々、お店でサイズを測ってもらって相談してみるといいかもしれません。

下着販売のプロから思わぬアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です